閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に

税務通信(No.3510)の調査によると、2018年4月~6月(6月5日時点)における譲渡制限付株式の導入件数は137社と、前年同時期の約1.5倍と大きく増加しているそうです(前年同時期は約90社)。

譲渡制限付株式のほか、株式交付信託を導入した会社は77社で、譲渡制限付株式と合わせると200社を超える水準となっています。一方で、パフォーマンスシェア、RSU、ファントムストックはそれぞれ、7社、2社、1社と導入企業数は少なくなっています。

T&A master No.704の「平成29年 6月総会における現物株式報酬の導入事例分析平成29年 6月総会における現物株式報酬の導入事例分析」によれば、2017年6月の株主総会等で導入されたパフォーマンスシェアの導入企業数は21社とされています。パフォーマンスシェアは平成29年度税制改正によって、業績連動給与として損金算入が可能となっていますが、導入企業数は減少しているという結果になっているようです。

そういった意味では、導入するのであれば譲渡制限付株式と株式交付信託のほぼ2択という状況になりつつあるようです。

事前確定届出給与として、譲渡制限付株式を損金算入するためには、譲渡制限解除の条件を「一定の期間の継続勤務(継続勤務条件)」としていること等が必要となりますが、税務通信の記事によると、譲渡制限付株式の導入企業137社のうち94社が、「継続勤務条件」を設定しているとのことです。

一方、株式交付信託の導入企業77社のうち、その多くは、業績目標の達成度合いに応じて退任時の公布株式数が変動する形態を採用しているとのことです。業績に連動する形態の株式交付信託を損金算入するためには、業績連動給与の損金算入要件を満たすことが必要となった割に、導入企業数が多いというのは意外でした。

5年、10年経過した時点で、このような制度を導入した企業とそうでない企業で、業績のパフォーマンスにどのような違いが生じるのかが楽しみです。

関連記事

  1. 改正会社法、今臨時国会(12月9日まで)に成立させたい意向

  2. 配当の効力発生日は総会の翌日でなければならないのか?

  3. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始

  4. 粉飾企業の非常勤監査役への損害賠償請求は認められるか?

  5. 議決権行使結果の個別開示を要請-改訂版スチュワードシップ・コード…

  6. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成2…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,672 アクセス
ページ上部へ戻る