閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方

そんな機能あったのかと最近気づいたのが、Excelにデータを入力する際の「Alt+↓」です。

大量のデータを決まった項目から入力するのであれば入力規則を設定してドロップダウンリスト化することが考えられますが、ちょっとした表を作成するのであれば、「Alt+↓」は結構役に立つと思います。

データを入力したいセルで「Alt+↓」を押すと、その列に入力されている項目が下のようにリストとして表示されます。

「東京都」を選択して「Enter」を押すと「東京都」が入力されます。「東京都」位なら打ち込んだ方が早いかもしれませんが、ある程度の長さの商品名や担当者名だと、いちいち入力するのは手間です。個人的には同じ値が入力されているセルをコピーして貼り付けるというようなことを多用していましたが、「Alt+↓」をもっと早く知りたかったと感じています。

上記の他データ入力で便利なショートカット等

これも最近知ったのですが・・・、アクティブセルで「Ctrl+D」を押すと、上のセルと同じ値が入力できます。「Alt+↓」で項目を選択したり、コピーして貼り付けるよりも簡単に同じ値を入力することができます。

ちなみに左のセルと同じ内容を入力したい場合は「Ctrl+R」で入力ができます。

また、同じデータを連続していくつか入力するのであれば、セル範囲を選択した上で、最初のセルにデータを入力し、「Ctrl+Enter」で確定すると、全てのセルに同じデータが入力できます。

なお「Ctrl+Enter」は列方向だけでなく行方向や表でも以下のように同様に機能します。

(入力後)

知っていると、わずかばかりではありますが業務効率がアップするかもしれません。

関連記事

  1. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  2. iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTO…

  3. Logicoolマウスでチャタリングが発生し、二重注文が・・・

  4. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print …

  5. Scansnapの新機種”Scansnap ix500”が発売さ…

  6. マウスの水平スクロール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,957 アクセス
ページ上部へ戻る