閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方

そんな機能あったのかと最近気づいたのが、Excelにデータを入力する際の「Alt+↓」です。

大量のデータを決まった項目から入力するのであれば入力規則を設定してドロップダウンリスト化することが考えられますが、ちょっとした表を作成するのであれば、「Alt+↓」は結構役に立つと思います。

データを入力したいセルで「Alt+↓」を押すと、その列に入力されている項目が下のようにリストとして表示されます。

「東京都」を選択して「Enter」を押すと「東京都」が入力されます。「東京都」位なら打ち込んだ方が早いかもしれませんが、ある程度の長さの商品名や担当者名だと、いちいち入力するのは手間です。個人的には同じ値が入力されているセルをコピーして貼り付けるというようなことを多用していましたが、「Alt+↓」をもっと早く知りたかったと感じています。

上記の他データ入力で便利なショートカット等

これも最近知ったのですが・・・、アクティブセルで「Ctrl+D」を押すと、上のセルと同じ値が入力できます。「Alt+↓」で項目を選択したり、コピーして貼り付けるよりも簡単に同じ値を入力することができます。

ちなみに左のセルと同じ内容を入力したい場合は「Ctrl+R」で入力ができます。

また、同じデータを連続していくつか入力するのであれば、セル範囲を選択した上で、最初のセルにデータを入力し、「Ctrl+Enter」で確定すると、全てのセルに同じデータが入力できます。

なお「Ctrl+Enter」は列方向だけでなく行方向や表でも以下のように同様に機能します。

(入力後)

知っていると、わずかばかりではありますが業務効率がアップするかもしれません。

関連記事

  1. 「地頭力を鍛える」-問題解決に活かす「フェルミ推定」 

  2. マウスの水平スクロール

  3. Windows7のデスクトップが自動的に最新情報に更新されない!…

  4. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

  5. PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk M…

  6. オーディオブックーFebe




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,404,649 アクセス
ページ上部へ戻る