閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税理士試験受験申込者数減少傾向が止まりません

2018年7月13日に国税庁が今年の税理士試験(第68回)の受験申込者数を公表しました。

今年の受験申込者数は38,525人で昨年よりも2,717人(6.6%)の減少となっています。科目別に見てもすべての科目で減少していますが、中でも財務諸表論は13.8%の減少と最も大きくなっており、簿記論も6.5%と大きく減少しています。

国税庁のHPから遡れる範囲で過去の受験者数の推移を確認してみると以下の通り、2012年以降右肩下がりで減少し続けています。

グラフでみるとそれほど大きく減少しているように見えませんが、2012年から2018年で約2万人受験者数が減少しています。絶対数で見ると、会計士試験(短答式2回の合計)の申込者数の2倍以上と大きいものの、会計士試験の申込者数は減少傾向が底を打ってやや増加傾向に転じています。

税理士試験の受験者数が下げ止まらない確かな理由は分かりませんが、以下のような理由が考えられます。

・単純に若年層の人口が減少してる影響
・会計士試験が年2回になって受験しやすくなったことにより会計士試験に流れる人が増えた(多少、会計士試験の受験者が増加しているのはそのためかもしれません)
・年2回になったことで会計士試験受験者が税理士試験の簿記論と財務諸表論を受けるというようなことをしなくなった(自分が会計士試験を受験していた頃には比較的みられた現象です)。
・AIで仕事がなくなるといわれている影響(会計士も同様ですが・・)

税理士試験に合格しても安泰というわけではなく、毎年行われる税制改正をフォローしていかなければなりませんし、取るか取られるか税務の世界では間違った際の訴訟リスクも大きいので目指す人が少なくなるというのも不思議ではありませんが、どこで下げ止まるのかは来年以降の動向を注視したいと思います。

関連記事

  1. 貸倒引当金制度の原則廃止-平成23年税制改正

  2. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だった…

  3. 法人税申告書勘定科目内訳明細書の作り方(その3)-棚卸資産・有価…

  4. 特定支出控除-ここでも会計士は冬の時代を反映?

  5. 過年度遡及修正会計基準による修正と税法の「確定した決算」の関係

  6. 平成28年度税制改正大綱案が公表されました

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,867,377 アクセス
ページ上部へ戻る