閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  2. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  3. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  4. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  5. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  6. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  7. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  8. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
  9. 過大配当利用の節税封じは20年3月末の期末配当も対象
  10. 2021年1月より介護休暇や子の看護休暇が1時間単位で取得可能に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税理士試験受験申込者数減少傾向が止まりません

2018年7月13日に国税庁が今年の税理士試験(第68回)の受験申込者数を公表しました。

今年の受験申込者数は38,525人で昨年よりも2,717人(6.6%)の減少となっています。科目別に見てもすべての科目で減少していますが、中でも財務諸表論は13.8%の減少と最も大きくなっており、簿記論も6.5%と大きく減少しています。

国税庁のHPから遡れる範囲で過去の受験者数の推移を確認してみると以下の通り、2012年以降右肩下がりで減少し続けています。

グラフでみるとそれほど大きく減少しているように見えませんが、2012年から2018年で約2万人受験者数が減少しています。絶対数で見ると、会計士試験(短答式2回の合計)の申込者数の2倍以上と大きいものの、会計士試験の申込者数は減少傾向が底を打ってやや増加傾向に転じています。

税理士試験の受験者数が下げ止まらない確かな理由は分かりませんが、以下のような理由が考えられます。

・単純に若年層の人口が減少してる影響
・会計士試験が年2回になって受験しやすくなったことにより会計士試験に流れる人が増えた(多少、会計士試験の受験者が増加しているのはそのためかもしれません)
・年2回になったことで会計士試験受験者が税理士試験の簿記論と財務諸表論を受けるというようなことをしなくなった(自分が会計士試験を受験していた頃には比較的みられた現象です)。
・AIで仕事がなくなるといわれている影響(会計士も同様ですが・・)

税理士試験に合格しても安泰というわけではなく、毎年行われる税制改正をフォローしていかなければなりませんし、取るか取られるか税務の世界では間違った際の訴訟リスクも大きいので目指す人が少なくなるというのも不思議ではありませんが、どこで下げ止まるのかは来年以降の動向を注視したいと思います。

関連記事

  1. 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その1)…

  2. 非常勤役員への日当は損金不算入?

  3. 不動産流動化に伴う信託受益権の譲渡取引-会計と税務で差異

  4. 粉飾決算で破綻した会社の取引先に訴えられた税理士の責任は?

  5. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控…

  6. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,316,265 アクセス
ページ上部へ戻る