閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東証一部で独立社外取締役を2名以上選任している会社の割合が9割超に

2018年7月31日に東京証券取引所が公表した「東証上場会社における独立取締役の選任状況、委員会の設置状況及び相談役・顧問等の開示状況」によると、2名以上の独立社外取締役を選任する東証一部の会社は91.3%と初めて9割を超えたとのことです。

2017年の調査では、88.0%となっており、既に相当高い割合となっていたので、そろそろ打ち止めになるのかなと思っていましたが、さらに3ポイント以上あがっているというのには驚きました。

JPX日経400に限ると、独立社外取締役を2名以上選任している会社の割合は97.7%とのことです。

2011年以降の推移は以下の通りとなっています。

(出典:「東証上場会社における独立取締役の選任状況、委員会の設置状況及び相談役・顧問等の開示状況」)

3分の1以上の独立社外取締役の選任状況も、東証一部上場会社では1/3をわずかに超えて33.6%(昨年:27.2%)、JPX日経400では40.6%となったとのことです。3分の1以上の独立社外取締役を選任している東証一部上場企業の割合も2016年以降毎年5ポイント程度増加してきていますので、もう少しこの傾向は継続するのではないかと思われます。

東証一部以外の市場における独立社外取締役を2名以上選任している会社の状況は以下の通りとのことです。

出典:「東証上場会社における独立取締役の選任状況、委員会の設置状況及び相談役・顧問等の開示状況」)

また、参考として「会社法上の機関設計の選択状況」が記載されており、増加している監査等委員設置会社の数は以下の通り、市場全体で前年比92社増加の890社となっています。


出典:「東証上場会社における独立取締役の選任状況、委員会の設置状況及び相談役・顧問等の開示状況」)

東証一部では前年比72社増加の512社で、割合でみると前年比2.6%増加となっており、2名以上の独立社外取締役を選任する東証一部の会社の割合が9割を超えたといっても、監査等委員設置会社が増えていることによる部分が大きいということなのではないかという気がします。

関連記事

  1. 「議題提案権」と「議案提案権」-株主提案権

  2. 常勤監査役はどこから常勤?

  3. 「計算書類に係る附属明細書のひな型」の改正-会計制度委員会研究報…

  4. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇

  5. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東…

  6. 会社法における「株式交付」に係る規定を整備する方向で検討

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,581 アクセス
ページ上部へ戻る