閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

自己株式取得はどの時点で認識すべき?

単元未満株株式の買取請求等によって自己株式を取得することがありますが、自己株式の取得を認識するのはいつだったのか記憶が曖昧だったので確認しました。

結論としては「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第2号」の5項で自己株式取得の認識時点は対価の種類によって以下のとおり定められています。

1.自己株式取得の対価が金銭の場合
対価を支払うべき日

2.自己株式取得の対価が金銭以外の場合
対価が引き渡された日

通常は対価が金銭であると思われますので、対価を支払うべき日に自己株式を認識すると考えておけばよいと思います。

金融商品会計基準では、有価証券の取得時期は約定日基準が原則的な方法とされていますが、これとの兼ね合い関して、適用指針の結論の背景では、自己株式の取得及び処分の認識時点について以下の二つの方法が考えられるとされています(適用指針30項)。

(1)有価証券の売買契約の認識に準ずる方法
(2)資本の払戻及び資本の払い込みの性格を有する類似の取引の認識に準ずる方法

適用指針では、以下の理由から(2)が採用されています(適用指針32項)。

自己株式等会計基準では、自己株式の取得及び処分は、株主との間の資本取引であり、資本の払戻し及び資本の払込みの性格を有すると位置付けた上で、その考えに照らして会計処理を定めている。よって、この会計処理との整合性から、(2)の資本の払戻し及び資本の払込みの性格を有する類似の取引に準ずる方法が適切であると考えられる。

なお、募集株式の発行等の手続きによる自己株式の処分については、対価の払込期日(払込期間を定めた場合には出資が履行された日をいう)に認識するとされています(適用指針5項)。

買取請求と支払日が期を跨ぐような場合に間違わないように注意が必要です。

関連記事

  1. 「財務報告に係る内部統制の監査に関する実務上の取扱い」の改正

  2. 会計士の税理士登録-税法科目合格は見送りへ

  3. 中退共が確定給付制度の内枠の制度である場合の会計処理

  4. 「比較情報の取扱いに関する研究報告(公開草案)」が公表されました…

  5. 条件付対価返還の会計処理を明確化する方向で検討

  6. 災害損失の追加計上額の計上区分―東急レクリエーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,800,845 アクセス
ページ上部へ戻る