閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

その他有価証券の月中平均価額が認められなくなるようです

ASBJが現在IFRS13号「公正価値測定」を取り入れた時価に関する会計基準及び適用指針を開発中である旨の記事がT&A master No.755に掲載されていました。

この記事によると、月中平均価額はIFRS13号の時価の定義を満たさないため、その他有価証券の月中平均価額の使用が認められなくなる方向となっているとのことです。

そもそも期末の時価を月中平均価額とするということが認められているということ自体が記憶にありませんでしたが、金融商品会計基準(注7)に以下の通り記載されていました。

(注7)その他有価証券の決算時の時価について
 その他有価証券の決算時の時価は、原則として、期末日の市場価格に基づいて算定された価額とする。ただし、継続して適用することを条件として、期末1カ月前の市場価格の平均に基づいて算定された価額を用いることができる。

 
この例外規定があることもすっかり記憶から抜け落ちていたくらいですので、この例外規定を実際に適用している会社を知りませんが、上記の記事によれば、ASBJが調査した上場会社3,603社中、月中平均価額を使用していた会社は90社にとどまっていたとのことです。

どんな会社が使っているのかについては、金融・保険業に多く見られるとされています。

なお、外貨建その他有価証券の換算で用いる為替相場について、決算時の時価として月中平均価額を用いる場合に、期末前1ヶ月間の平均相場と決算時の直物為替相場の選択適用が認められていますが、月中平均価額を用いることが認められなくなった場合には、為替相場についても期末前1ヶ月間の平均相場の使用も認めないことが考えられるとのことです。

そういった意味では、外貨建取引等会計基準(注8)において、決算時の直物為替相場として、決算日前後一定期間の直物為替相場に基づいて算定された平均相場を用いることができるとされていますが、この取扱いも見直されることになるのかもしれません。

関連記事

  1. 満期保有目的の債券の減損と償却原価法

  2. 転換社債型新株予約権付社債の発行者の会計処理(日本基準)

  3. 20年3月決算LIBORの廃止の影響は考慮不要

  4. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関…

  5. LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い(案)の公…

  6. 前受金は金融商品の時価開示の対象か?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,420,346 アクセス
ページ上部へ戻る