閉じる
閉じる
閉じる
  1. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  2. たな卸資産と棚卸資産
  3. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  4. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  5. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  6. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
  7. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特例のみ…
  8. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか
  9. 法人税・消費税の申告期限は延長される・されない?
  10. ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ロボットの耐用年数は何年

ロボットというと、少し前までは生産工程の一部に導入されているような産業用ロボットを意味することが普通でしたが、ソフトバンクのPepperなど人間とのコミュニケーションが可能なAIを搭載したロボットも登場してきています。ちなみにPepperはソフトバンクロボティクス株式会社のHPで確認したところ約118万円で購入できるようです。「契約者タイプ」に「個人」もあるので、個人でも購入できるようです。

このようなコミュニケーションロボットの税務上の耐用年数は何年になるのかについて、税務通信3528号のショウ・ウィンドウで取り上げられていました。

この記事によると、コミュニケーションロボットについては、屋内で単に顧客とのコミュニケーションや販売促進等に使用する場合には、別表第一の「器具及び備品」「5看板及び広告器具」「その他のもの」「主として金属製のもの」に該当し耐用年数は10年となるようだとされています。

また、接客等で屋内を動き回ったり、商品を運搬したりする場合は、別表第一の「器具及び備品」「11前掲のもの以外のもの」「主として金属製のもの」に該当し、こちらもやはり耐用年数は10年となるようだとされています。

コミュニケーションロボットの場合は、外側よりも中身が重要なはずで、ムーアの法則から1年半経過すると結構陳腐化が進むのではないかと思いますので、上記のいずれの場合でも10年というのは償却期間としては長すぎるのではないかと感じます。

耐用年数4年くらいにして成長分野への投資を促進するというような政策があってもよいのではないかと思います。

関連記事

  1. 「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の改正

  2. 減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?

  3. 固定資産の取得価額の按分方法

  4. 税務上定率法の廃止が濃厚!!

  5. 200%定率法の経過措置と資本的支出の耐用年数

  6. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,524,238 アクセス
ページ上部へ戻る