閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

取締役責任追及、和解には各監査役の同意が必要に

T&A master No.761に「取締役責任追及、和解には監査役の同意」という記事が掲載されていました。

会社法の見直しを検討している法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会での状況について述べられている記事で、「取締役等の責任を追及する訴えに係る訴訟における和解をするにあたり、監査役設置会社の場合は監査役(監査役が2人以上いる場合は各監査役)、監査等委員会設置会社の場合は各監査等委員、指名委員会等設置会社の場合は欠く監査委員の同意をそれぞれ得ることとする方針だ」と述べられています。

これは、今年2月に公表された「会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する中間試案」と同様の内容のままとのことです。

全く記憶にないので改めて確認してみると、「第3 その他」の中の「第3 その他」に「1 責任追及等の訴えに係る訴訟における和解」として以下のように記載されていたことが確認できました。

1 責任追及等の訴えに係る訴訟における和解
株式会社が,当該株式会社の取締役(監査等委員及び監査委員を除く。),執行役及び清算人並びにこれらの者であった者(以下「取締役等」という。)の責任を追及する訴えに係る訴訟における和解をするには,次に掲げる当該株式会社の区分に応じ,①から③までに定める者の同意を得なければならないものとする。
① 監査役設置会社 監査役(監査役が二人以上ある場合にあっては,各監査役)
② 監査等委員会設置会社 各監査等委員
③ 指名委員会等設置会社 各監査委員

このような改正がされる理由については、上記記事では以下のように解説されています。

監査役設置会社、監査等委員会設置会社又は指名委員会等設置会社が取締役等を補助するために当該取締役等の責任を追及する訴えに係る訴訟に補助参加人として参加する場合や、取締役(監査等委員会又は監査委員を除く)及び執行役の責任の一部免除に関する議案を提出する場合は、各監査役、各監査等委員又は各監査委員の同意を得なければならないとされている。このため、監査役設置会社等の責任を追及する訴えに係る訴訟における和解をする場合においても平仄を合わせる観点から同様に、各監査役等の同意を得ることとしたもの

たしかに、和解の内容にも色々あると考えられ、責任一部免除の議案を提出することよりも要件が緩和されているとおかしな結果を招くことは考えられますので、他の手続きと平仄を合わせる必要性は高いと思われます。

関連記事

  1. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その…

  2. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例

  3. 分配可能利益がないのに配当してしまった上場会社-分配可能額を再チ…

  4. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票

  5. 事業報告に親会社等との取引に関する事項の記載はすべての会社で必要…

  6. 事業報告・計算書類等の経団連ひな型が改正されました(平成28年3…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,883 アクセス

ページ上部へ戻る