閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

従業員持株会が保有する株式時価総額が6兆円超に

2018年10月22日に東京証券取引所が「2017年度従業員持株会状況調査結果の概要について」を公表しました。

これによると、調査対象会社3184社(前年度比40社増加)の従業員持株会が保有する株式の時価総額が、前年度末比6667億円(12.2%)増加して6兆1112億円と、調査依頼初めて6兆円を超える状況となったとのことです。

調査対象時点は2018年3月末とされており、2018年3月30日(31日は土曜日)の日経平均が21,454円に対して、2017年3月31日の日経平均が18,909円と、約13.5%の上昇となっていることからすると前年度末比6667億円(12.2%)増加の大部分は全体的な株価の上昇によるところが大きいものと考えられます。

従業員持株会加入者1人当たりの平均保有金額は、前年度比19.1万円(9.6%)増加の219.3万円となったとのことです。

従業員持株会に参加している方には気になるであろう奨励金ですが、調査対象会社全体の96.5%にあたる3071社で支給されており、金額は1000円当たり40円以上60円未満(毎月の拠出金に対して4%~6%)が最も多く全体の39.8%にあたる1266社となっているとのことです。

次に多いレンジは100円以上150円未満で1103社となっていますが、このうち1072社は100円(10%)となっています。

奨励金の金額の最大値はどれくらいなのかが気になりますが、残念ながら最大値がいくらという明確な記載はありません。

ただし、250円以上というレンジ区分に集計されているのは32社(1%)となっています。そして、250円以上のレンジでは300円(30%)が13社、500円が7社となっているのことです。250円以上のレンジ区分の社数は2016年度が27社となっており、調査対象会社全体で40社増加に対してこのレンジが5社も増加しているというのは注目に値します。

また、150円以上200円未満の会社数も2016度年の114社(3.6%)から2017年度は119社(3.7%)とこちらも5社の増加となっています。このレンジについては、200円の会社が118社と特に社数が多くなっていたとのことです。

以上より、奨励金の水準としては拠出額に対して5%~10%が一般的なレベルであるものの、20%という会社もそこそこあるといえそうです。

関連記事

  1. LEAN IN(シェリル・サンドバーグ)を読んで

  2. 給与明細はEメールで送付してもよいか?

  3. 「七つの会議」(池井戸潤 著)を読んで

  4. 「なぜ、あの会社は顧客満足が高いのか」

  5. いったいいくらもらえるの?-遺族年金(その1)

  6. 会計士監査で特定個人情報を取得することは可能?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,073,131 アクセス
ページ上部へ戻る