閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

従業員持株会が保有する株式時価総額が6兆円超に

2018年10月22日に東京証券取引所が「2017年度従業員持株会状況調査結果の概要について」を公表しました。

これによると、調査対象会社3184社(前年度比40社増加)の従業員持株会が保有する株式の時価総額が、前年度末比6667億円(12.2%)増加して6兆1112億円と、調査依頼初めて6兆円を超える状況となったとのことです。

調査対象時点は2018年3月末とされており、2018年3月30日(31日は土曜日)の日経平均が21,454円に対して、2017年3月31日の日経平均が18,909円と、約13.5%の上昇となっていることからすると前年度末比6667億円(12.2%)増加の大部分は全体的な株価の上昇によるところが大きいものと考えられます。

従業員持株会加入者1人当たりの平均保有金額は、前年度比19.1万円(9.6%)増加の219.3万円となったとのことです。

従業員持株会に参加している方には気になるであろう奨励金ですが、調査対象会社全体の96.5%にあたる3071社で支給されており、金額は1000円当たり40円以上60円未満(毎月の拠出金に対して4%~6%)が最も多く全体の39.8%にあたる1266社となっているとのことです。

次に多いレンジは100円以上150円未満で1103社となっていますが、このうち1072社は100円(10%)となっています。

奨励金の金額の最大値はどれくらいなのかが気になりますが、残念ながら最大値がいくらという明確な記載はありません。

ただし、250円以上というレンジ区分に集計されているのは32社(1%)となっています。そして、250円以上のレンジでは300円(30%)が13社、500円が7社となっているのことです。250円以上のレンジ区分の社数は2016年度が27社となっており、調査対象会社全体で40社増加に対してこのレンジが5社も増加しているというのは注目に値します。

また、150円以上200円未満の会社数も2016度年の114社(3.6%)から2017年度は119社(3.7%)とこちらも5社の増加となっています。このレンジについては、200円の会社が118社と特に社数が多くなっていたとのことです。

以上より、奨励金の水準としては拠出額に対して5%~10%が一般的なレベルであるものの、20%という会社もそこそこあるといえそうです。

関連記事

  1. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い

  2. 精神障害を事由とする労災申請(その4)

  3. 「仮説思考」(内田和成 著)を読んで

  4. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?

  5. ブラック企業の集中取締がはじまるそうです-厚労省発表

  6. NPSよりもShare of Wallet?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,930 アクセス

ページ上部へ戻る