閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

従業員持株会が保有する株式時価総額が6兆円超に

2018年10月22日に東京証券取引所が「2017年度従業員持株会状況調査結果の概要について」を公表しました。

これによると、調査対象会社3184社(前年度比40社増加)の従業員持株会が保有する株式の時価総額が、前年度末比6667億円(12.2%)増加して6兆1112億円と、調査依頼初めて6兆円を超える状況となったとのことです。

調査対象時点は2018年3月末とされており、2018年3月30日(31日は土曜日)の日経平均が21,454円に対して、2017年3月31日の日経平均が18,909円と、約13.5%の上昇となっていることからすると前年度末比6667億円(12.2%)増加の大部分は全体的な株価の上昇によるところが大きいものと考えられます。

従業員持株会加入者1人当たりの平均保有金額は、前年度比19.1万円(9.6%)増加の219.3万円となったとのことです。

従業員持株会に参加している方には気になるであろう奨励金ですが、調査対象会社全体の96.5%にあたる3071社で支給されており、金額は1000円当たり40円以上60円未満(毎月の拠出金に対して4%~6%)が最も多く全体の39.8%にあたる1266社となっているとのことです。

次に多いレンジは100円以上150円未満で1103社となっていますが、このうち1072社は100円(10%)となっています。

奨励金の金額の最大値はどれくらいなのかが気になりますが、残念ながら最大値がいくらという明確な記載はありません。

ただし、250円以上というレンジ区分に集計されているのは32社(1%)となっています。そして、250円以上のレンジでは300円(30%)が13社、500円が7社となっているのことです。250円以上のレンジ区分の社数は2016年度が27社となっており、調査対象会社全体で40社増加に対してこのレンジが5社も増加しているというのは注目に値します。

また、150円以上200円未満の会社数も2016度年の114社(3.6%)から2017年度は119社(3.7%)とこちらも5社の増加となっています。このレンジについては、200円の会社が118社と特に社数が多くなっていたとのことです。

以上より、奨励金の水準としては拠出額に対して5%~10%が一般的なレベルであるものの、20%という会社もそこそこあるといえそうです。

関連記事

  1. 休職制度と労働法(その2)

  2. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?

  3. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  4. ハラスメント関連で実施されている諸施策は?

  5. 傷病手当金の代理受領は違法?

  6. 退職勧奨実施時の具体的対応とは(その1)?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,422,682 アクセス
ページ上部へ戻る