閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたらどうする?

2018年の年末調整から新たに「給与所得者の配偶者控除等申告書」を従業員に記載して提出してもらう必要がありますが、年末調整後に従業員から配偶者の所得見積額と実績額が大きく違っていたというような申告があったらどのように対応する必要があるのかが問題となります。

この点について、税務通信3533号の税務の動向で、年末調整後の配偶者控除等の異動が判明した場合の取り扱いについて解説されていました。

なお、配偶者の所得と書きましたが、本人の合計所得見積額を「950万円超1000万円以下」として申告していたところ、冬の賞与が思ったよりも多く支給されて1000万円超となったというケースもあるかもしれません。

いずれにしてもこのようなケースでは、翌年1月の「給与所得の源泉徴収票」交付時までであれば従業員の申し出により再年末調整することも可能ですし、従業員自ら確定申告して還付を受けることもできるというのが結論となっています。この点については、国税庁が平成30年10月に改訂した「配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに関するFAQ」の”28 「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額とその確定額に差が生じた場合”のQ&Aに記載されていますのでご確認下さい。

さて、上記では還付前提で記載しましたが、徴収不足となり納付が必要となるケースも同様に考えてよいのかが問題となります。この点については、徴収不足のケースにおいても、翌年1月の「給与所得の源泉徴収票」交付時まで「再年末調整」は可能とのとのことです。源泉徴収の目的からしても「再年末調整」は国の望むところだと考えられますので、予想通りの結論と考えられますが、確定申告についても以下の通り還付の場合と同様に考えてよいとのことです。

 この点、税額が徴収不足となり納付が必要となる場合についても、「確定申告」による精算が認められるのかどうかが気になるところだが、過大徴収となり還付が生じる場合と同様、「確定申告」による精算が可能ということだ。

源泉漏れはペナルティも大きいので過度に反応してしまいますが、そもそも従業員から申し出がなければ「再年末調整」もできないこともあるので、徴収不足となっている場合であっても還付の場合と取り扱いは同様と考えてよいということなのだと思われます。

では、徴収不足となるケースで、従業員等が確定申告を選択しながらも確定申告をしなかった場合にどうなるのかですが、この場合は「税務署から給与等の支払者に対して、控除に誤りがある旨の通知が行われることになると考えられる」とされ、所得税基本通達194~198共-1により、「給与等の支払者が直ちにその不足税額を従業員から徴収・納付しなければならない」とのことです。

なお給与等の支払者が不足額を徴収して納付しない場合は、不足税額を給与等の支払者から徴収することとされているため、徴収不足の場合に従業員が確定申告を選択し納付しないと会社が不足額を納付する必要が生じることになるようです。

そういった意味では、翌年1月の「給与所得の源泉徴収票」交付前であれば「再年末調整」が無難といえそうです。

関連記事

  1. 年末調整の対象となる人・ならない人

  2. 復興特別所得税の区分処理方法(その1)

  3. 扶養控除等申告書におけるマイナンバーの取扱い(その5)-新たに認…

  4. 平成29年度税制改正における配偶者控除等の見直し

  5. 国税庁から「平成25年分 年末調整のしかた」が公表されました-も…

  6. 高額な会社負担の社員旅行は給与認定される可能性に注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,846 アクセス
ページ上部へ戻る