閉じる
閉じる
閉じる
  1. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  2. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  3. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  4. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  5. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  6. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  7. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  8. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  9. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  10. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・・・

2018年11月27日の日経新聞夕刊に「日本取引所 CEO、内規違反」という記事が掲載されていました。

記事によると日本取引所グループの清田瞭最高経営責任者は内規に違反して東証に上場している上場インフラファンドへの投資を行っていたとのことです。投資していたのは2016年に東証に上場したタカラレーベン・インフラ投資法人など2銘柄とされ、16年12月~18年8月にかけて合計1500口を保有していたとのことです。

タカラレーベン・インフラ投資法人の第5期有価証券報告書(2018年5月期)の「主要な投資主の状況」には以下の通り記載されています。

時価ベースでは1億円を超える金額で、記事によると「内規違反が判明した後に社内規則にもとづいて売却し、現在は保有していない」とのことです。

あくまで内規違反で法律違反ではないといういうものの、「資本市場の要の経営者としては軽率な行為で、道義的な批判は免れなさそうだ」とされています。

かなり長期にわたり内規違反をしていたことになりますが、有報で名前が出て誰かかが気づいて指摘したということなのかもしれません。故意か故意でないのかという点もものすごく気になるところでですが、上記有報が提出されているのが8月30日ですので、判明したのがいつだったのかというのも気になります。

日産のカルロスゴーン氏の一件が注目を浴びていますが、陰に隠れてこっそり発表という感じがしなくもありません。

関連記事

  1. 「社長、御社の「経営理念」が会社を潰す!」(白潟敏郎 著)って・…

  2. 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その1)…

  3. 現物株式報酬導入企業は累計130社に

  4. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです

  5. 日産自動車の経営者って・・・

  6. ”なぜ、私はBMWを3日に1台売ることができたのか”-飯尾昭夫 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,402,870 アクセス
ページ上部へ戻る