閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  2. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  3. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  4. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  5. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  6. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  7. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  8. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
  9. コプロがプライム市場上場維持基準適合に向けた意志表明を適時開示
  10. バーチャルオンリー型株主総会のための定款変更議案上程が5社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?

経営財務3389号の海外会計トピックスに公認会計士飯田信夫氏による「Big4でのパートナー解雇について,公開企業の監査報酬の上昇率が高まる,その他」という記事が掲載されていました。

パートナーで解雇された人数なんてものが公表されているのかということが驚きでしたが、「英国では,ここ数年でBig4のパートナーが不適切な行動によって解雇されている」とのことで、不適な行動としては、「業務上の過失などではなく部下に対するいじめやセクハラなど,事務所の行動規範に著しく外れたことによる処分」などが含まれているそうです。

上記の記事はFinancial Timesの”Big Four auditors reveal number of partners fired over misbehaviour”を元にしたもので、各事務所ごとのパートナーの解雇人数は以下の通りとされています。FTの記事を確認したところ、トーマツがFTに対して過去4年間にパートナー20名を解雇した(理由については記事には記載されていません)ということを話をしたことを受け、他の監査法人が同様の情報を公表したということのようです。

Big4の残りの三つは以下の通りとなっています。

①EY(パートナー681人中)
過去4年間で5名が解雇が解雇されており、理由は「セクハラ,いじめなど」とされています。

②PwC(パートナー915人中)
過去3年間で5名が解雇されていますが、不適切な行動の内容については,FTの記事には記載されていません。

③KPMG(パートナー635人中)
過去4年間で7名が解雇されており、不適切な行為の内容は「セクハラ,いじめ」とのことです。

Big4以外では、英国で5番手のGrant Thorntonは過去4年間でハラスメントやいじめによる解雇はなし(パートナー数の記載なし)、6番手のBDOは過去4年で1名のパートナーが行動規範違反で解雇されている(パートナー数の記載なし)とのことです。

経営財務の記事では、「解雇は,それぞれの事務所の判断であり,その多寡と事務所のパートナーの質とは直接関係ないようだ。我が国は公表されていないようなので,日英の比較ができないところは残念である。」とまとめられています。

たしかにちょっと比べてみたい内容ではあります。単なる興味本位ですが。

関連記事

  1. 有償減資を行った場合の為替換算調整勘定の処理

  2. 監査法人にガバナンスコードを導入?

  3. 過年度遡及修正と申告書の添付書類

  4. 税制改正に応じて定額法への変更は正当な理由による会計方針の変更で…

  5. 連結納税制度(その1)-平成22年税制改正で導入しやすくなった?…

  6. 満期保有目的の債券購入時の経過利息の処理

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,148,221 アクセス
ページ上部へ戻る