閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その2)
  2. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?
  3. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)
  4. CG報告書で資本コストの率を明記している事例
  5. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決
  6. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこないと…
  7. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円?
  8. サイトをhttps化しました
  9. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to …
  10. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有報で西暦表示採用は500社以上

経営財務3392号のニュースで「有報の西暦表示」が取り上げられていました。

最近随分増えたように感じてはいましたが、同誌の調査によれば、”2018年中に提出された有報の表紙ページを調査したところ、トヨタ自動車や日立製作所、ファーストリテイリングなど、500社以上が西暦表示だった”とのことです。

和暦を用いている会社が西暦表示に変更する場合の手続きについては、「特別な手続き等は不要で、西暦表示に統一したい企業は、任意で西暦に変更できる」とのことです。

3月末決算会社の2018年の有報を「和暦」「西暦」という単語で検索してみると、和暦から西暦に変更した会社として、アドバンテッジリスクマネジメント、ヤマトホールディングス、大王製紙など12社がヒットしました。

表紙に記載されている和暦から西暦に変更した旨の記載事例には以下の様なものがあります。

①株式会社アドバンテッジリスクマネジメント
(注)2017年度より日付の表示を和暦から西暦へ変更しております。

②ヤマトホールディングス株式会社
(注)第153期有価証券報告書より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

③株式会社ハマキョウレックス
当第4四半期会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

④株式会社極楽湯ホールディングス
(注)当事業年度より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

①~③はその年度の四半期報告書は和暦、有価証券報告書は西暦となっています。④は、1Qの四半期報告書から西暦表示に変更した会社の有価証券報告書の記載となっています。

2018年3月末の変更は思いのほか少なく12社しかヒットしませんでしたが、2018年6月末の1Q報告書で検索してみると163社がヒットしました。今年は元号が改元されることが予定されており、改元されると、平成○年は何年前というのが計算しにくくなるので、これを契機に3月の有価証券報告書から西暦表示に変更する会社も相当数あるのではないかと推測されます。

関連記事

  1. 次期の業績予想が開示されていない場合でも「業績予想の修正等」の適…

  2. 「1株当たり純資産額算定上の基礎」を開示することも意味がありそう…

  3. 平成27年3月期第1四半期報告書の変更点

  4. 決算短信-通期予想のみ開示が約25%に増加

  5. SMCの「北米疑惑」?

  6. 監査時間および報酬の動向-平成27年度監査実施状況調査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,371,872 アクセス
ページ上部へ戻る