閉じる
閉じる
閉じる
  1. 招集通知の日付記載は任意記載?
  2. 改正電子帳簿保存法における電子取引情報保存制度による仕入税額控除に紙は…
  3. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  4. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  5. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  6. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  7. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  8. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  9. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  10. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)

経営財務3393号に「2018年のIPOは98社」という記事が掲載されていました。

少し前に”2018年IPO会社の監査報酬動向など”で、2018年のIPOは90社と記載しましたが、98社との差はTOKYO PROマーケットに上場した8社を含むか否かの違いとなっています。

98社というのはリーマンショック後最多で2015年と同数とのことで、業種別内訳は以下のとおりとのことです。

業種 社数
サービス業 30社
情報・通信業 29社
不動産業 9社
小売業 6社
建設業 5社
卸売業 4社
その他 15社
合計 98社

同誌が調査した2017年の集計結果では、サービス業26社、情報・通信業23社、小売業9社,不動産業7社とされていましたので、小売業と不動産業で順位がひっくり返っているものの、サービス業と情報・通信業がツートップという傾向に変化はありません。

なお、IPOを担当した監査人の集計結果は、新日本29社、あずさ25社、トーマツが21社とのことです。この点、”2018年IPO会社の監査報酬動向など”において、私は新日本を30社としていたので、1社相違が生じてしまっています(あずさ、トーマツは同数)。私の集計がどこかあやまっているのではないかと思います・・・

ところで、上記の集計結果はTOKYO PROマーケットを除く90社を集計したものですが、TOKYO PROマーケット分が8社も増えているのに大手の集計結果が相違するのは新日本の1社のみで合ってしまっていてよいのかと不安になったので、TOKYO PROマーケットの8社の監査人を確認してみることとしました。

日本取引所のHPで確認すると2018年にTOKYO PROマーケットに上場している銘柄は確かに8社で、「特定証券情報」に添付されているPDFを確認してみると、監査人は以下のとおりでした。

・興亜監査法人
・監査法人アヴァンティア
・リンクス有限責任監査法人
・監査法人コスモス
・如水監査法人
・監査法人ハイビスカス
・あかり監査法人
・至誠清新監査法人

というわけで、TOKYO PROマーケットを含めても新日本、あずさ、トーマツの集計結果には影響がなくて問題ないということは確認できました。

TOKYO PROマーケットは、監査報告書は最低1期分あればよいため、8社のうち直前々期の監査報酬が記載されていたのは1社のみとなっていました。なお、監査報酬の水準は400万円~850万円というレンジに収まっていました。

関連記事

  1. IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

  2. IPOはツキも重要-昨年に引き続き再トライのウイングアーク1st…

  3. (株)アークンが今後の上場審査にもたらすかもしれないもの

  4. 新規上場後3年間は内部統制監査免除する法案が衆議院を通過

  5. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ

  6. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,016,684 アクセス
ページ上部へ戻る