閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決

T&A master No.772に「アンテナ設置収入は収益事業に該当」という記事が掲載されていました。

これはマンションの区分所有者全員で構成される団体であるマンション管理組合がマンション共用部分(屋上)をアンテナ一式に要するスペースとして携帯電話会社に賃貸した収入の課税上の取扱いが争われた者です。

納税者側は、「共用部分の賃料は各区分所有者に帰属するため、この各区分所有者(帰属者)に所得税が課せられるべきであるから、納税者には法人税を課すべきではないと主張していた」とのことです。

アンテナ収入については随分前にこのブログでも取り上げた気がして確認してみると、2014年8月に「マンション屋上の携帯電話アンテナ設置料収入の取り扱い」で国税庁の質疑応答事例に「マンション管理組合が携帯電話基地局の設置場所を貸し付けた場合の収益事業判定」という質疑応答が加えられた旨を記載していました。

課税当局と裁判で争って納税者が勝訴することはあるので、国税庁が質疑応答事例で記載していても、裁判所が異なる判断を下す可能性はありますが、このケースでは東京地裁、東京高裁と国税庁の取扱いを支持した形となっています。

納税者は高裁で「仮に本件賃貸収入が納税者の収入と把握されるとしても、税務上の事業は一定規模以上の収入を想定しているから屋上のごく一部をアンテナ設置場所に賃貸している本件賃貸収入は事業的規模とはほど遠いと指摘し、収益事業には当たらないという主張を展開した」とされ、これに対して裁判所は、「店舗の一角を他の者に継続して使用させるいやゆるケース貸しや広告等のために建物の屋上や壁面等を他の者に使用させる行為も収益事業に含まれるとされていること(法基通15-1-17)や本件賃貸借契約によりアンテナを設置している限り継続して賃料収入が得られることなどを踏まえれば、本件賃貸は収益事業に該当すると判断した」とのことです。

納税者自ら「事業的規模とはほど遠い」としているものの、そうであるならば費用をかけて高裁でまで争うかなという気がしますので、それなりにインパクトのある金額だったのかもしれません。

関連記事

  1. ソフトウェアの有姿除却(税務)は可能か

  2. 損害賠償金の税務上の取扱い(その1)-原則的な考え方

  3. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)

  4. 法人住民税の無償増減資の加減算措置を再確認

  5. 給与較差補填で否認を受けることがないようにするには(その2)

  6. 電話加入権は休止状態から10年で自動解約されるそうです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,777 アクセス
ページ上部へ戻る