閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  2. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  3. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  4. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
  5. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特例のみ…
  6. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか
  7. 法人税・消費税の申告期限は延長される・されない?
  8. ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消
  9. 衆議院予算委員会第一分科会で「監査固有の限界」の周知の必要性に言及
  10. IPOはツキも重要-昨年に引き続き再トライのウイングアーク1st株式会…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例

経営財務3398号の”「従業員の状況」欄で男女別の記載事例”という記事において、開示のあり方の参考事例として、有価証券報告書(2018年3月期)の「従業員の状況」において男女別の記載を行った事例が紹介されていました。

ここで紹介されていた株式会社SURARUでは18年3月期の有価証券報告書より以下の様な記載を行っているとのことです。

社内で検討され、同一労働同一賃金の観点で見ても問題ないと判断されたのだとは思いますが、平均勤続年数に男女でほとんど差がないにもかかわらず、ここまで平均年間給与に差があるという情報を開示するのは会社としては行いにくいことではないかと思います。

SUBARU以外にも同様の事例があるのか検索してみましたが、平均給与まで男女別に記載している事例は他には見当たりませんでした。

男女別の人数を記載している事例としては、上記の記事で株式会社アトムの事例が紹介されていました。同社の2018年3月期の有価証券報告書では以下の様に開示されています。

男女別の人数だけでも記載されている事例も珍しく、他に事例を検索してみると、12月決算会社のDMG森精機の2017年12月期の有価証券報告書で以下の様な記載が行われている事例がありましたが、他には特に見当たりませんでした。

DMG森精機のケースでは国別の従業員数や男女別の従業員数が脚注で開示されています。

各社開示を工夫することが求められていますので、これから開示される18年12月期や19年3月期の有価証券報告書では上記のような開示例が増加してくるのではないかと思われますので、トレンドをウォッチしておく必要がありそうです。

関連記事

  1. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?

  2. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。…

  3. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた

  4. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社…

  5. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?

  6. 企業内容等開示ガイドラインの改正

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,512,322 アクセス
ページ上部へ戻る