閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例

経営財務3398号の”「従業員の状況」欄で男女別の記載事例”という記事において、開示のあり方の参考事例として、有価証券報告書(2018年3月期)の「従業員の状況」において男女別の記載を行った事例が紹介されていました。

ここで紹介されていた株式会社SURARUでは18年3月期の有価証券報告書より以下の様な記載を行っているとのことです。

社内で検討され、同一労働同一賃金の観点で見ても問題ないと判断されたのだとは思いますが、平均勤続年数に男女でほとんど差がないにもかかわらず、ここまで平均年間給与に差があるという情報を開示するのは会社としては行いにくいことではないかと思います。

SUBARU以外にも同様の事例があるのか検索してみましたが、平均給与まで男女別に記載している事例は他には見当たりませんでした。

男女別の人数を記載している事例としては、上記の記事で株式会社アトムの事例が紹介されていました。同社の2018年3月期の有価証券報告書では以下の様に開示されています。

男女別の人数だけでも記載されている事例も珍しく、他に事例を検索してみると、12月決算会社のDMG森精機の2017年12月期の有価証券報告書で以下の様な記載が行われている事例がありましたが、他には特に見当たりませんでした。

DMG森精機のケースでは国別の従業員数や男女別の従業員数が脚注で開示されています。

各社開示を工夫することが求められていますので、これから開示される18年12月期や19年3月期の有価証券報告書では上記のような開示例が増加してくるのではないかと思われますので、トレンドをウォッチしておく必要がありそうです。

関連記事

  1. 3月決算会社の会社法監査報告書分布状況-JICPA公表

  2. 一般事業会社が貸手として貸出コミットメント契約を締結していた場合…

  3. 東芝が株主代表訴訟に対して第3四半期報告書で引当計上した金額はい…

  4. 前受収益に適用されるのは正常営業循環基準 or 1年基準

  5. 在宅勤務で開示書類を作成すると簡単な間違いにも気づきにくくなる?…

  6. エナリスの会計監査人がトーマツから京都監査法人へ




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,126 アクセス
ページ上部へ戻る