閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

マンション仕入控除でアズ企画設計に更正処分

マンション販売事業者等が取得した居住用建物に係る消費税仕入税額控除の取扱いを巡っては、ムゲンエステートとエーディーワークスが現在東京地裁で係争中となっていますが、T&A master No.785号に、東証ジャスダックに上場しているアズ企画設計も取得した居住用建物に係る消費税の仕入税額控除を否認する更正処分を受けた旨の記事が掲載されていました。

同社のHPを確認したところ、2019年4月16日に「関東信越国税局からの更正通知書受領に関するお知らせ」という開示が行われていました(なお、4月18日に「更正」→「更正」と修正する開示が行われているため、以下では原文引用も含め「更正」に修正したものとしています)。

更正処分等の経緯・内容としては以下の様に開示されています。

当社では、居住用収益不動産の仕入れにおける「居住用住宅の建物部分」については、消費税算定
方法である「個別対応方式(消費税法第 30 条第2項)」における「課税資産の譲渡等にのみ要するもの」として同仕入れに係る消費税全額を課税売上に係る消費税額から控除する税務処理を行ってまいりました。この税務処理方法については、過去における税務調査においても何ら指摘を受けることも、また、議論の対象となることもなかったことから、当社といたしましては、適法な税務処理方法であるという認識でおりました。
しかしながら、今回の更正処分等において、当局は、消費税非課税の居住用住宅の賃貸による収入が発生する収益不動産の仕入れは、居住用収益不動産の販売(課税資産の譲渡等)のみならず、「住宅の賃貸(課税資産の譲渡等以外の資産の譲渡等)」のためにも必要なものであり、その仕入れに係る消費税額については、その一部しか課税売上に係る消費税額から控除することができないという見解の下、更正処分等が行われました。
これにより、追加納付が必要とされる税額は加算税を含め1億 36 百万円となります。なお、この税額は、平成 31 年2月に予納済みです。

T&A masterの記事では、上記の3社以外の複数の事業者が同様の更正処分を受けたことが確認されたと述べられており、「係争中の事案と同様の理由による否認事案の発生は、今後の取扱いの統一とそれに伴う否認事案の増加を示唆しているとの見方もある」とされています。

以前同誌で朝長英樹税理士が解説していた内容からすると、上記のような更正処分は妥当ではないように思われますが、良くも悪くも課税判断の公平性を保つためには、いずれかの案件で最高裁で国が負けないことには同様の判断が採用され続けるということなのでしょう。

関連記事

  1. 消費税増税時の短期前払費用の取扱いが変更になるようです

  2. 消費税の軽減税率適用対象となるのは(その1)?

  3. 消費税率5%を適用した3月末までの売上に対して8%相当額の入金額…

  4. 消費税法上の「事業」に規模は関係ない

  5. 法人がオーナーから収受した立退料は消費税の課税対象?

  6. 自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,999,218 アクセス
ページ上部へ戻る