閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?

T&A master No.787のスコープに「LIBORの公表停止、ヘッジ会計が継続適用できるか」という記事が掲載されていました。

誰も知らない金融危機 LIBOR消滅なんて書籍もありますが、LIBORは不正操作問題を端緒に2021年12月末に恒久的な公表停止となる可能性が高まっているとされています。

LIBORの公表が停止となったらどうなるかですが、「現状においては、貸出やデリバティブ等の相対契約において異なる後継指標が用いられることが考えられる」とされています。

また、日本銀行に設置された「日本円金利指標に関する検討委員会」では、金利指標改革を踏まえた対応を検討しているとのことで、LIBORを参照する金融商品・取引について、円LIBORが恒久的に停止した場合の対応として以下の二つについて検討を行っているとのことです。

①移行(新規契約する金融商品・取引について代替金利指標を用いる方法)
②フォールバック(LIBOR参照の既存契約について、LIBORの恒久的な公表停止後に参照する金利を、契約当事者であらかじめ定めておく対応方法)

いずれにしても契約途中で参照する金利指標が変更することになりますが、この場合、ヘッジ会計を継続適用することができるのかが問題になるとされています。「仮にヘッジの中止事由に該当する場合には、その時点までのヘッジ手段に係る損益または評価差額はヘッジ対象の満期までの期間にわたり金利の調整として純損益に配分する一方、それ以降はヘッジ手段を時価評価する必要が生じる。また、仮にヘッジの終了事由に該当する場合には、繰り延べられていたヘッジ手段の損益又は評価差額に純損益に計上する必要が生じる」こととなります。

IASBは5月13日に金利指標改革(IFRS第9号およびIAS第39号の修正案)を公表し、救済措置として、ヘッジ対象のキャッシュ・フローの基礎となっている金利指標が金融指標改革の結果として変更されないものと仮定し、企業がそれらの要求事項を適用することが提案されている(2020年1月1日以後開始する事業年度から適用予定)とされています。

なお、日本でもIASBの取扱いに歩調を合わせて対応が行われるとのことです。ただし、上記の救済措置は、「LIBORを別の金利指標に置き換える前の期間における対応にすぎない。代替金利指標への置き替え時の論点はまだ残されている」とのことです。

関連記事

  1. 転換社債型新株予約権付社債の発行者の会計処理(日本基準)

  2. 満期特約型仕組み預金(マルチコーラブル預金)の会計処理等

  3. MMF(MRF)は時価のあるもの、ないもの?

  4. 長期為替予約とヘッジ会計適用の可否

  5. 満期保有目的債券の減損処理-東京電力の社債は瀬戸際?

  6. 外貨建MMFの期末会計処理

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,930 アクセス

ページ上部へ戻る