閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?

T&A master No.787のスコープに「LIBORの公表停止、ヘッジ会計が継続適用できるか」という記事が掲載されていました。

誰も知らない金融危機 LIBOR消滅なんて書籍もありますが、LIBORは不正操作問題を端緒に2021年12月末に恒久的な公表停止となる可能性が高まっているとされています。

LIBORの公表が停止となったらどうなるかですが、「現状においては、貸出やデリバティブ等の相対契約において異なる後継指標が用いられることが考えられる」とされています。

また、日本銀行に設置された「日本円金利指標に関する検討委員会」では、金利指標改革を踏まえた対応を検討しているとのことで、LIBORを参照する金融商品・取引について、円LIBORが恒久的に停止した場合の対応として以下の二つについて検討を行っているとのことです。

①移行(新規契約する金融商品・取引について代替金利指標を用いる方法)
②フォールバック(LIBOR参照の既存契約について、LIBORの恒久的な公表停止後に参照する金利を、契約当事者であらかじめ定めておく対応方法)

いずれにしても契約途中で参照する金利指標が変更することになりますが、この場合、ヘッジ会計を継続適用することができるのかが問題になるとされています。「仮にヘッジの中止事由に該当する場合には、その時点までのヘッジ手段に係る損益または評価差額はヘッジ対象の満期までの期間にわたり金利の調整として純損益に配分する一方、それ以降はヘッジ手段を時価評価する必要が生じる。また、仮にヘッジの終了事由に該当する場合には、繰り延べられていたヘッジ手段の損益又は評価差額に純損益に計上する必要が生じる」こととなります。

IASBは5月13日に金利指標改革(IFRS第9号およびIAS第39号の修正案)を公表し、救済措置として、ヘッジ対象のキャッシュ・フローの基礎となっている金利指標が金融指標改革の結果として変更されないものと仮定し、企業がそれらの要求事項を適用することが提案されている(2020年1月1日以後開始する事業年度から適用予定)とされています。

なお、日本でもIASBの取扱いに歩調を合わせて対応が行われるとのことです。ただし、上記の救済措置は、「LIBORを別の金利指標に置き換える前の期間における対応にすぎない。代替金利指標への置き替え時の論点はまだ残されている」とのことです。

関連記事

  1. 金銭信託の会計処理

  2. 不動産流動化に伴う信託受益権の譲渡取引-会計と税務で差異

  3. 貸倒引当金繰入額と戻入益の相殺表示

  4. ゴルフ会員権の処理(その3)ー預託金会員制ゴルフ会員権評価損の法…

  5. マイナス金利と金利スワップ特例処理継続の可否

  6. こんなところにも影響が・・・復興特別所得税

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,423,544 アクセス
ページ上部へ戻る