閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

償却資産の申告制度見直しの動向

償却資産に係る固定資産税の申告期限を見直す検討がなされているとのことです。固定資産税の現在の申告期限は1月末となっていますが、これを賦課期日直後に到来する決算日から2か月以内に見直すとのことです(賦課期日は1月1日で特に変更は予定されていない)。

法人税や消費税の申告と同じく、各社の決算日を基準として申告を行うことができるようになるのは、税理士さんにとっては業務が集中することになるので不評かもしれませんが、個人的にはわかりやすくてよいと思います。

しかしながら、税務通信3558号の「償却資産の申告制度の見直しは早くても数年先」という記事によれば、タイトルのとおり改正に至るまで少なくとも今後数年はかかる模様とのことです。

なんでそんなに時間がかかるのかですが、「新制度の適用には、賦課期日一定期間前までに届出をし、かつ”電子申告”が条件とされる」ため、電子申告関係の環境整備に時間がかかるためということのようです。

一般財団法人資産評価システム研究センターが2019年3月に公表した「償却資産課税のあり方に関する調査研究 -申告制度の簡素化・効率化に向けた制度設計について-」では、今後の方向性として、「まずは申告制度の簡素化・効率化に向けた電子的な整備を進め、納税義務者・課税庁双方の態勢が整備された後に、改めて将来の申告制度のあるべき姿を検討することが適当と考えられる」とされ、講ずる必要がある措置として以下の三つがあげられています。

①一括電子申告システムの導入
②地方税共通納税システムの導入
③eLTAXの機能向上・課税庁の基幹システムの改善

例えば最初の「一括電子申告システムの導入」では、「固定資産税(償却資産)は、所在地方団体毎に申告が必要であり、特に多くの地方団体に償却資産を所有する法人にとっては、法人名、法人所在地等の基礎的情報を地方団体ごとに入力する必要があるのが現状であるが、例えば、事業者が複数の地方団体にわたる前償却資産のリストを一度の処理で申告できるシステムを構築することができれば、行政手続きのコストをの大幅な削減が図れることになる」とされ、「納税義務者等のニーズを踏まえ、誰でも一括電子申告が可能なシステムへの改修の検討を行うことが適当と考えられる」とされています。

税金に限らず、社会保険の申請などについても、いまどきなぜ各種申請が(外部のサービスを利用しないと)簡単にできないのだろうかという納税者(保険料の負担者)の立場からすると納得がいかない状態が放置され続けてきた中で、上記のような改善がされると非常によいと思います。

数年先といわず、来年にでも導入できるようにがんばってもらいたいところです。

関連記事

  1. 外形標準課税に係る特例の当初申告要件は基本的になし

  2. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定

  3. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるよう…

  4. 外形標準課税(その5)ー付加価値割(純支払利子その1)

  5. 資本金1円の上場企業が急増?

  6. 保険外交員も東京都では「代理業」として個人事業税の対象で運用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,423,622 アクセス
ページ上部へ戻る