閉じる
閉じる
閉じる
  1. 無償交付も現物出資型のRSも退職給与としての取扱いは同様
  2. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  3. 内部統制報告制度強化等は先送り
  4. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  5. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  6. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  7. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  8. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  9. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  10. RSは退職給与として損金算入が認められない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

令和2年税制改正ー消費税申告期限延長に期待

T&A master No.800に「令和2年改正で消費税の申告期限延長も」という記事が掲載されていました。

現状、法人税の確定申告書については、特例として1カ月(連結納税の場合は2カ月)の延長が認められていますが、消費税については法人税の申告期限を延長していたとしても2カ月以内に提出しなければならないものとされています。

今後、収益認識基準が強制適用となり、法人税と消費税で異なる取扱いが必要となる部分も生じると思いますが、そのような場合に、法人税の申告が完全に固まる前に、消費税の申告を行わなければならないというのは、結構厳しいように思います。

上記記事によれば、3月決算法人の場合、「本来6月末までに行えばよい法人税の申告調整業務(売上計上漏れや経過勘定のチェックその他)を、GWを返上して5月中に行わなければならないという事態が生じている」とされ、このような状況から、「事業者の間では、消費税にも申告期限の延長制度を設けるべきとの声が高まっている」とされています。

消費税の申告期限延長については、前からそのような要望は結構あったと思いますが、「平成28年度税制改正における国税通則法の見直しにより、調査通知以後から調査による更生等の予知前までの修正申告については、その申告に基づいて納付すべき税額に5%(又は10%)の過少申告加算税が課されるようになったこと」や無理な作業を強いる状況が「働き方改革」に反するということもあり、消費税の申告期限延長論を後押ししているとのことです。

とはいえ「消費税の申告期限の延長が令和2年税制改正議論の対象となる可能性は十分にありそうだ」というレベルで、実際に来年の改正に向けて議論が盛り上がっていくのかは不透明ですが、実務的には是非実現してもらいたい事項だと思います。

関連記事

  1. 携帯電話端末の分割金と消費税-簡便的に処理した場合に消費税があが…

  2. 2019年10月1日0時で消費税率を厳格に変更必要か?

  3. 消費税転嫁対策-どこまでOKでどこからアウト?

  4. 国際線航空券の購入費用と消費税

  5. 国境を越えた役務提供に対する消費税(その1)

  6. 仮想通貨の消費税の取扱い-平成29年度税制改正




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,580,442 アクセス
ページ上部へ戻る