閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化

2019年7月1日に国税庁は「『電子帳簿保存法関係申請書等の様式の制定について』の一部改正について(法令解釈通達)」を公表しました。

電子帳簿保存法の一部改正等に伴う見直しによるもので、2019年9月30ニチイ後の承認申請から、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による認証を受けた市販ソフトウェアを利用する場合の承認申請書が簡素化されました。

2019年8月6日現在JIIMAのサイトで「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証製品一覧」を確認したところ、26製品が登録されていることが確認できました。これらの認証製品を使用する場合には、そうでない製品を使用する場合に比べ、申請にあたり記載すべき事項が少なくなるということになります(通常の申請の場合は4枚(4枚目は「その他参考となる事項」なので実質3枚に対して、認証製品の場合は2枚)。

例えば、通常の申請では、「承認を受けようとする国税関係帳簿の作成・保存に使用するプログラム(ソフトウェア)の概要」として以下の記載が求められることとされています。

これに対して、認証製品の場合の申請書においては、「JIIMAにより認証された国税関係帳簿の作成・保存に使用するプログラム(ソフトウェア)の概要」として以下の記載のみですむこととなっています。

申請は基本的に一度限りのことなので、各種要件を満たすのであれば、申請の簡便性よりも実際の使い勝手のほうが重要だと思いますが、電子帳簿保存導入のハードルが下がってきているのはよいことだと思います。

関連記事

  1. 税務調査による追徴と過年度遡及修正の関係

  2. 会社役員賠償責任保険と費用負担

  3. 書類送付を頼まれて書類を送付したら、顧客を奪うのに協力したと訴え…

  4. 平成28年3月期から適用される税制改正内容を確認(その1)

  5. 領収書のない交際費はどう取り扱うべき?

  6. 「調査」と「行政指導」の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,430 アクセス
ページ上部へ戻る