閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化

2019年7月1日に国税庁は「『電子帳簿保存法関係申請書等の様式の制定について』の一部改正について(法令解釈通達)」を公表しました。

電子帳簿保存法の一部改正等に伴う見直しによるもので、2019年9月30ニチイ後の承認申請から、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による認証を受けた市販ソフトウェアを利用する場合の承認申請書が簡素化されました。

2019年8月6日現在JIIMAのサイトで「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証製品一覧」を確認したところ、26製品が登録されていることが確認できました。これらの認証製品を使用する場合には、そうでない製品を使用する場合に比べ、申請にあたり記載すべき事項が少なくなるということになります(通常の申請の場合は4枚(4枚目は「その他参考となる事項」なので実質3枚に対して、認証製品の場合は2枚)。

例えば、通常の申請では、「承認を受けようとする国税関係帳簿の作成・保存に使用するプログラム(ソフトウェア)の概要」として以下の記載が求められることとされています。

これに対して、認証製品の場合の申請書においては、「JIIMAにより認証された国税関係帳簿の作成・保存に使用するプログラム(ソフトウェア)の概要」として以下の記載のみですむこととなっています。

申請は基本的に一度限りのことなので、各種要件を満たすのであれば、申請の簡便性よりも実際の使い勝手のほうが重要だと思いますが、電子帳簿保存導入のハードルが下がってきているのはよいことだと思います。

関連記事

  1. 3月末に期限の切れる租税特別措置等の適用期限延長

  2. 更生手続等により取得した優先的施設利用権のみとなったゴルフ会員権…

  3. 子会社に対する高額外注費に行為計算否認規定が適用された事案

  4. 「資本の払い戻し部分」に「利益配当」が含まれる結果となれば政令は…

  5. 社員旅行費用の税務上の取扱い

  6. 消費税(その2)-個別対応方式と一括比例配分方式

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,708,781 アクセス
ページ上部へ戻る