閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化

2019年7月1日に国税庁は「『電子帳簿保存法関係申請書等の様式の制定について』の一部改正について(法令解釈通達)」を公表しました。

電子帳簿保存法の一部改正等に伴う見直しによるもので、2019年9月30ニチイ後の承認申請から、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による認証を受けた市販ソフトウェアを利用する場合の承認申請書が簡素化されました。

2019年8月6日現在JIIMAのサイトで「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証製品一覧」を確認したところ、26製品が登録されていることが確認できました。これらの認証製品を使用する場合には、そうでない製品を使用する場合に比べ、申請にあたり記載すべき事項が少なくなるということになります(通常の申請の場合は4枚(4枚目は「その他参考となる事項」なので実質3枚に対して、認証製品の場合は2枚)。

例えば、通常の申請では、「承認を受けようとする国税関係帳簿の作成・保存に使用するプログラム(ソフトウェア)の概要」として以下の記載が求められることとされています。

これに対して、認証製品の場合の申請書においては、「JIIMAにより認証された国税関係帳簿の作成・保存に使用するプログラム(ソフトウェア)の概要」として以下の記載のみですむこととなっています。

申請は基本的に一度限りのことなので、各種要件を満たすのであれば、申請の簡便性よりも実際の使い勝手のほうが重要だと思いますが、電子帳簿保存導入のハードルが下がってきているのはよいことだと思います。

関連記事

  1. 低解約返戻保険等の改正所得税改正通達が公表されました

  2. 5000円以下の飲食費も税務調査の重要ポイント-税務通信

  3. 年末調整に関連する改正点確認

  4. 交際費と会議費の区分

  5. 事業税の超過税率、神奈川と兵庫は9月に議会へ上程されるとのことで…

  6. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,866,990 アクセス
ページ上部へ戻る