閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは?

税務研究会が運営している企業懇話会のサイトに「会員企業が抱える最近の税務全般の諸問題への対応」として法人課税検討部会で検討された事項がまとめられていました。

その中の一つに「クラウドの初年度利用用には導入費が含まれるものとして資産計上すべきか?」というものがありました。

この質問のケースでは、請求書上、初期費用という区分の明細はないものの、初年度の利用料は次年度以降よりも高く設定されており、その理由をベンダーに確認したところ、初年度はサーバー等の基本設定に係るコスト相当分等が含まれているという回答を得たとされています。そして、このようなケースにおいて、初年度の利用料には導入に係る初期費用が含まれているものとして、全額を繰延資産もしくはソフトウェアとして計上しておくべきかという質問となっています。

この質問に対する回答は、「初年度の費用が高めに設定されていることから、初期費用としてユーザーに帰属するプログラム部分の対価や繰延税金資産的な支出が含まれていることが類推される」とした上で、契約書等に内訳が明記されていない場合には、次年度利用料との差額をソフトウェアあるいは繰延資産として償却する方法が考えられるとされています。

繰延資産の場合は、法人税基本通達8-2-3「繰延資産の償却期間」の「ノウハウの頭金等」に準じて、契約の更新に際して再び一時金支払いがないのであれば「5年」で償却して差し支えないものとと考えられるとされています。

ソフトウェアとして処理する場合も5年償却となるため、上記の考え方によれば、どちらにせよ5年で償却しておくのが無難ということになるようです。

クラウドサービスのいいところは気軽に使い始め、不要だと思ったら使用をやめることが容易であるという点なので、初期費用見合いが5年償却というのは個人的には長すぎるのではないかと感じますが、普通にソフトウェアを購入した場合、導入にあたって必要とされる設定作業等に要した費用は取得原価に算入するものとされていることとの整合を踏まえると、5年償却というのもやむを得ないというところでしょうか・・・。

関連記事

  1. 3月決算の申告は適用額明細書の添付を忘れずに

  2. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?

  3. 短期前払費用特例適用の留意点

  4. フリーレントの税務上の取扱

  5. 平成24年税制改正(その1)-法人税及び租税特別措置法

  6. 特別償却準備金や圧縮積立金を計上する場合は要注意?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,894,865 アクセス
ページ上部へ戻る