閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは?

税務研究会が運営している企業懇話会のサイトに「会員企業が抱える最近の税務全般の諸問題への対応」として法人課税検討部会で検討された事項がまとめられていました。

その中の一つに「クラウドの初年度利用用には導入費が含まれるものとして資産計上すべきか?」というものがありました。

この質問のケースでは、請求書上、初期費用という区分の明細はないものの、初年度の利用料は次年度以降よりも高く設定されており、その理由をベンダーに確認したところ、初年度はサーバー等の基本設定に係るコスト相当分等が含まれているという回答を得たとされています。そして、このようなケースにおいて、初年度の利用料には導入に係る初期費用が含まれているものとして、全額を繰延資産もしくはソフトウェアとして計上しておくべきかという質問となっています。

この質問に対する回答は、「初年度の費用が高めに設定されていることから、初期費用としてユーザーに帰属するプログラム部分の対価や繰延税金資産的な支出が含まれていることが類推される」とした上で、契約書等に内訳が明記されていない場合には、次年度利用料との差額をソフトウェアあるいは繰延資産として償却する方法が考えられるとされています。

繰延資産の場合は、法人税基本通達8-2-3「繰延資産の償却期間」の「ノウハウの頭金等」に準じて、契約の更新に際して再び一時金支払いがないのであれば「5年」で償却して差し支えないものとと考えられるとされています。

ソフトウェアとして処理する場合も5年償却となるため、上記の考え方によれば、どちらにせよ5年で償却しておくのが無難ということになるようです。

クラウドサービスのいいところは気軽に使い始め、不要だと思ったら使用をやめることが容易であるという点なので、初期費用見合いが5年償却というのは個人的には長すぎるのではないかと感じますが、普通にソフトウェアを購入した場合、導入にあたって必要とされる設定作業等に要した費用は取得原価に算入するものとされていることとの整合を踏まえると、5年償却というのもやむを得ないというところでしょうか・・・。

関連記事

  1. 子会社の清算に伴う債権放棄・現物分配・株式消却損

  2. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(最終回)

  3. 資産計上される商標権と資産計上されない商標権の違いは?

  4. 分掌変更時に報酬を1/3にしても役員退職給与の損金算入が否定され…

  5. 東京都の時短協力金の収益計上は交付決定通知時だそうです。

  6. 退職者を被保険者とする支払保険料を損金算入可とした裁決

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,432,492 アクセス
ページ上部へ戻る