閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日米租税条約改定議定書(2013年署名が発効)

2019年8月30日付で財務省のHPに「アメリカ合衆国との租税条約を改正する議定書が発効しました」というページがアップされていました。

これによると2013年1月24日に署名された「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約を改正する議定書」を発効させるための批准書の交換が東京で行われ、同日発効したとのことです。

署名されたのが2013年なので、そもそもどんな内容が含まれているのかについて、記憶している人は少ないのではないかと思います。ざっくりとした理解としては米国企業から2019年11月1日に受領する配当・利子については、免税範囲が拡大するというというのが一番のポイントではないかと思いますが、主に以下の内容が含まれています(財務省HP:「アメリカ合衆国との租税条約を改正する議定書のポイント」)

(1)源泉地国免税の拡大
 ①配当
  改正前条約の免税要件⇒持株割50%超、保有期間12カ月以上
  改正後条約の免税要件⇒持株割50%超、保有期間6カ月以上

 ②利子
  改正前条約⇒原則10%、金融機関等の受取利息は免税
  改正後条約⇒原則免税
 
(2)相互協議手続における仲裁制度の導入

(3)徴収共助の拡充

特殊な状況にある場合を除き実務上、一番気になるのは配当・利子の適用関係ではないかと思われますが、これらに対する改正内容の適用関係はいかのとおりとされています。

①源泉徴収される租税に関しては、2019年11月1日以後に支払われ、又は貸記される額
②その他の租税に関しては、2020年1月1日以後に開始する事業年度

米国との取引が多い会社に結構影響がある内容なのではないかと思われますので、注意しましょう。

関連記事

  1. 消費税(その9)-個別対応方式勘定別留意点3

  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例

  3. 過年度遡及修正会計基準による修正と税法の「確定した決算」の関係

  4. 3月末に期限の切れる租税特別措置等の適用期限延長

  5. 教育資金一括贈与の適用要件が厳格化されるそうです

  6. スピンオフ準備のための再編が税制適格に-平成30年税制改正




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,894,882 アクセス
ページ上部へ戻る