閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日米租税条約改定議定書(2013年署名が発効)

2019年8月30日付で財務省のHPに「アメリカ合衆国との租税条約を改正する議定書が発効しました」というページがアップされていました。

これによると2013年1月24日に署名された「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約を改正する議定書」を発効させるための批准書の交換が東京で行われ、同日発効したとのことです。

署名されたのが2013年なので、そもそもどんな内容が含まれているのかについて、記憶している人は少ないのではないかと思います。ざっくりとした理解としては米国企業から2019年11月1日に受領する配当・利子については、免税範囲が拡大するというというのが一番のポイントではないかと思いますが、主に以下の内容が含まれています(財務省HP:「アメリカ合衆国との租税条約を改正する議定書のポイント」)

(1)源泉地国免税の拡大
 ①配当
  改正前条約の免税要件⇒持株割50%超、保有期間12カ月以上
  改正後条約の免税要件⇒持株割50%超、保有期間6カ月以上

 ②利子
  改正前条約⇒原則10%、金融機関等の受取利息は免税
  改正後条約⇒原則免税
 
(2)相互協議手続における仲裁制度の導入

(3)徴収共助の拡充

特殊な状況にある場合を除き実務上、一番気になるのは配当・利子の適用関係ではないかと思われますが、これらに対する改正内容の適用関係はいかのとおりとされています。

①源泉徴収される租税に関しては、2019年11月1日以後に支払われ、又は貸記される額
②その他の租税に関しては、2020年1月1日以後に開始する事業年度

米国との取引が多い会社に結構影響がある内容なのではないかと思われますので、注意しましょう。

関連記事

  1. 割引債-発行日から償還日までの期間によって天地の差(平成25年税…

  2. 偽造印紙が発見されたそうです

  3. 平成27年度税制改正-自治体によっては法人税割の不均一課税にも影…

  4. 時価純資産法の評価益に適用する税率は?-最終年度の事業税の取扱い…

  5. 自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?(追記)

  6. 資格取得費が所得控除できるという特定支出控除って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,568,458 アクセス
ページ上部へ戻る