閉じる
閉じる
閉じる
  1. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  2. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  3. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  4. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  5. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  6. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  7. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  8. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
  9. 時価の算定に関する会計基準(その2)
  10. 全額損金算入タイプから払済保険への変更も洗替処理が必要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?

働き方改革の一つとして2019年4月より全ての使用者に対して年5日の年次有給休暇の確実な取得が義務付けられています。

義務を負っているのは使用者(会社側)であって労働者ではないものの、有給休暇の取得率が低い会社では、従業員もいつまでに有給休暇を5日とらなければならないのかを気にしているということもあります。

法が施行されたがの2019年4月ですが、有休を年5日以上取得しなければならなくなったとざっくりと理解している場合には、年内(2019年12月)までに有給をとらなければいけないのかと考えてしまうケースもあるようです。

では、法が施行されたのが2019年4月なので、2020年3月までに有給を5日以上とらなければならないということかというと、そうではありません。

結論としては、改正法が施行された2019年4月1日以後、最初に年10日以上の年次有給休暇を賦与する日(基準日)から、使用者は年5日の有給休暇を確実に取得させる義務を負うということになります。

例えば、法の要請どおりに、2018年4月1日に入社した従業員に対して2018年10月1日に10日の有給を付与し、2019年10月1日に11日の有給を付与することとしている場合、5日の義務化が適用されるのは2019年10月1日に付与された有給からということになります。

転職が一般化し、中途入社の従業員数がそれなりに多い会社で、法定どおりに有給を付与している場合、有給を基準日にきちんと付与できているのだから5日の確認も簡単に行えるかというと、それは意外に大変であるというケースもあります。

人事系のシステムでは法改正に対応し、このような管理が容易に行えるものも増えてきているようですが、コスト的にそのようなものを利用できないという場合には、担当者の業務が増えるという皮肉な結果が待っています。

ちなみに、これを守らなかったらどうなるのかという点もよく話題となりますが、これに違反した場合は、労働基準法120条によって30万円以下の罰金という罰則が設けられています。30万円くらいならと考えてしまいそうですが、これは違反している労働者1人について1罰とカウントされるということになっています。

この点、厚生労働省が公表している資料では、「罰則による違反は、対象となる労働者1人につき1罪として取り扱われますが、労働基準監督署の監督指導においては、原則としてその是正に向けて丁寧に指導し、改善を図っていただくこととしています。」と記載されていることから、そもそも違反者がいたからといって必ず罰金が課せられるとも限りませんし、仮に10人違反していても30万円以下の罰金なので一人1万円×10人で10万円の罰金ということもありえます。人数×30万円の罰金が適用されるのは、当面はかなり悪質と認められるケースに限られるのではないかと思われます。

関連記事

  1. いったいいくらもらえるの?-遺族年金(その1)

  2. 育児休業期間中に賞与を支給した場合の社会保険料の取扱い

  3. 分煙求めた社員の解雇は無効ーそれはそうだろう・・・

  4. 精神障害を事由とする労災申請(その4)

  5. 就業規則で副業は禁止できる?-禁止されている副業が発覚したら・・…

  6. 計画停電時の休業手当の要否(厚生労働省通知)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,697,302 アクセス
ページ上部へ戻る