閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  2. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  3. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  4. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  5. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  6. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  7. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  8. テレワーク導入費用の課税関係
  9. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  10. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

令和元年会計士試験の合格率は10.7%-女性合格者の割合は増加傾向?

最近あまり気にしていませんでしたが、2019年11月15日に公認会計士試験の合格発表が行われました。願書を出願した人数に対する論文式試験合格者の割合は10.7%で、前年の11.1%よりも若干低下しています。

願書提出者でみると2019年が12,532人で前年よりも790人増加しています。会計士になりたいという人は減少しているのかと思いきや受験者数は約7%の増加となっています。

直近5年程度の合格者数および合格率を確認してみたところ、合格率はおおむね10%~11%、合格者数は1100名~1200名程度で推移しています。願書出願者数は直近5年では微増傾向にあります。

2015年:10,180名
2016年:10,256名
2017年:11,032名
2018年:11,742名
2019年:12,532名

本当にAIで仕事がなくなるかどうかは別として、AIで仕事がなくなるなんて言われている会計士業界の受験者数が微増とはいえ増加傾向を示しているというのは意外でした。もっとも2006年~2011年位までは出願者数は2万人を超えていた(この期間で最多は2010年の25,648名)ことからすると、だからどうしたというレベルの変動といえます。

ただし、さらに遡って調べてみると、昭和60年の公認会計士二次試験の受験者数は3,969名ですので、少子化等の影響を勘案すれば、公認会計士という職業がかなりメジャーになったということかもしれません(当時の合格率が6%程度だったので、受験意欲がわかなかったという可能性もありますが・・・)

ちなみに受験者数が10,000人を超えたのは1994年(平成6年)で、1999年(平成11年)まで10000人代で受験者数は安定的に推移しており、2000年以降受験者数が増加していきました。

公認会計士の試験制度が変わって随分期間がたちましたが、試験制度が変更されたことによって、学生など試験に集中して時間がとれる受験生以外の合格者数がどれくらい増えているのだろうかというのが気になるところです。

「令和元年公認会計士試験の合格発表の概要について」によれば、合格者の職業として「学生」及び「専修学校・各種学校受験生」が921人で構成比68.9%、会社員は83人で6.2%とされています。

結局のところ、「学生」及び「専修学校・各種学校受験生」でなければ、合格が難しいという状況はあまり変わっていないようですが、同じような受験者数で推移していた1994年(平成6年)~2000年(平成12年)よりは「学生」及び「専修学校・各種学校受験生」の割合は減少しているのではないかと思われます。

合格者の平均年齢は25.2歳で、最高年齢は62歳、最低年齢は18歳とのことです。18歳で合格したというのもすごいですが、62歳で試験勉強をされた方のほうがすごいなと個人的には思います。

女性の合格率は23.6%となっています。内閣府の男女共同参画局がまとめたデータによれば1991年~2014年において、合格者に占める女性の割合が20%を超えている年はほとんどなかったようですので、23.6%というのは結構高い数値といえます。ちなみに昨年は20.4%ですので、来年以降の推移に注目です。

関連記事

  1. 社外取締役を義務化って本当に意味あるのでしょうか?

  2. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

  3. 包括利益計算書と計算書類の関係

  4. 衆議院予算委員会第一分科会で「監査固有の限界」の周知の必要性に言…

  5. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意

  6. 中国拠点Big4を米国SECが処分

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,257,975 アクセス

ページ上部へ戻る