閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  2. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  3. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  4. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  5. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  6. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  7. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  8. 契約負債に流動固定分類は不要?
  9. 改正電子帳簿保存法 電子取引に宥恕規定が設けられるようです
  10. 会計士CPE履行要件を満たさない場合は登録抹消も視野に検討
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表

証券取引等監視委員会は2019年10月23日に、開示検査によって判明した開示規則違反の内容や背景・原因などをまとめた「開示検査事例集」を公表しました。

今回検査の対象期間は平成30事務年度(2018年7月~2019年6月)で、開示検査は38件で、このうち22件の開示検査が終了したとされています。開示検査が終了した22件のうち、開示書類の重要な事項について虚偽記載等が認められた10件について課徴金納付命令勧告を行い、残り12件のうち3件については、開示書類の記載内容の訂正が必要と認められたため、開示書類の提出者に対し、開示書類の訂正報告書等の自主的な提出を促したとされています。

課徴金納付命令の対象となった10件のうち9件は売上の過大計上が認められたとのことです。このうち3件は、実態を適切に確認・検証を行わないまま、実在しない架空取引の商流に参加し、当該架空取引による売上を計上するといった不適切な会計処理を行っていたとされ、残りのうち2件は、海外子会社において不適切な会計処理が行われていたとのことです。

平成30事務年度で課徴金納付命令勧告を行った事例として紹介されていたもののうち3つは、3社とも業績拡大を図るため、取引先等からの紹介により、仕入先からの商品を販売先に販売するという新しい商流に加わったものの、実態は取引先の会社代表者によって企てられた架空取引(資金循環取引)であったために、不正会計を行っていたというものだと解説されています。

課徴金納付が命じられたものなので、てっきり会社が意図的にやったものだと考えていましたが、同事案の「監視委コラム」では、「各社は、これらの取引が架空取引であることを認知していませんでした」とされています。ただし、「各社の一部経営陣等の中には、仕入先と販売先の会社代表者が同一人物である、又は取引先の会社代表者と緊密な関係にあることを把握していたことからすれば、これらの取引は、取引先の資金繰りに寄与するだけであり、取引に参加する合理性が不明瞭な取引であったと考えられます」とされています。

なお、会計監査人の監査手続については、「取引先からの証憑類や売掛金の入金に着目した対応に止まっていました。取引量の拡大等に伴って、会計監査人が売上計上をグロスからネットに変更するよう指摘した事例もありましたが、商品の実在性の確認は疎かになっていました」と述べられています。

上記のような循環取引で利幅がどれくらいだったのかは不明ですが、開示規制違反に至った背景・原因の一つとして「売上や利益目標等の達成を過度に重視するあまり、内部統制が有効に機能していなかったこと」が挙げられています。架空売上のケースでいえば、ほとんどのケースで当てはまりそうな理由のように思えますが、上場会社である以上、売上や利益目標の達成を気にしないわけにはいかないので、いつになってもこれは当てはまりそうな気はします。

関連記事

  1. 「過年度遡及会計基準適用後の連結財務諸表及び財務諸表の作成にあた…

  2. 転換社債型新株予約権付社債の発行者の会計処理(日本基準)

  3. 平成28年度税制改正による「決算日後の法人税等の税率の変更」の注…

  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?

  5. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日

  6. 平成26年3月期第1四半期の留意点(その1)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,660,137 アクセス
ページ上部へ戻る