閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2019年経営税務誌が選ぶ5大ニュースとは

経営財務3438号に「本誌が選ぶ2019年”経財”5大ニュース」という記事が掲載されていました。特に投票等によって選ばれている訳ではないようですが、読者の反響等も考慮されていると推測されることから、一般的に注目度が高いもの5つということでよいと思われます。

さて、早速ですが、取り上げられていた2019年の5大ニュースは以下のとおりです。

  1. KAM Q&A集などの整備進む~財務諸表作成者側でも独自の取組み
  2. 記述情報の開示充実へ~有報の開示を工夫する会社も
  3. 会社法改正で総会資料を電子提供へ~スケジュール含めた見直しが必要か
  4. 収益認識会計基準の改正案公表~注記や表示の定めを新設
  5. RPAやAI活用の動き~働き方の変化に注目

ちなみに2018年の5大ニュースは以下のとおりでした。

  1. 収益認識会計基準の公表
  2. 監査基準改訂でKAM導入
  3. 開示の充実化議論が加速
  4. 改正税効果会計基準の公表
  5. IFRS任意適用企業が200社に

KAM、収益認識、開示充実などは昨年から継続しており、実質的な変化は、会社法改正とRPA・AIの活用の2点となっています。

会社法の改正については、「社外取締役の設置義務付け」が注目されがちであるものの、東証上場会社の98.4%が社外取締役を設置済みであることを考慮すると、より注目すべきは株主総会資料の電子提供制度創設だと述べられています。理由は、上場会社は電子提供を強制されるため、総会スケジュールも含めた実務の見直しが必要になりそうなためとされています。

個人的にはやはりKAMがどうなっていくのかが気になっています。三菱ケミカルホールディングス(東一・化学)が「KAMに相当する事項」を自社のWebサイトで任意開示するなどの事例がでてきていますが、先行事例がほぼない中で、比較的安定的な中堅以下の規模の上場会社では何を項目としてあげていくのか、いくつくらい記載するのかで頭を悩ませている担当者は多いのではないかという気がします。

オリンピックが開催されようとも、決算は相変わらず四半期毎にやってくる2020年は果たしてどんな年になるのでしょうか・・・

関連記事

  1. グループ法人税と税効果(寄附金)

  2. 常勤監査役はどこから常勤?

  3. 「払込期日」と「払込期間」を定めた場合の違いは?-自己株式の処分…

  4. 今さらですが金商法193条の3って何だろう・・・

  5. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意

  6. Ernst & Youngの略称がEYに。しかし・・・…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,710,872 アクセス
ページ上部へ戻る