閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  2. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  3. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  4. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  5. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  6. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  7. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  8. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  9. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  10. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?

令和2年税制改正大綱の消費税関連に「法人にかかる消費税の申告期限の特例の創設」が織り込まれ、法人税の確定申告書の提出期限の延長の特例の適用を受ける法人は、法人税と同様、申告期限を1か月延長することが可能となる見込です。なお、大綱ではこの改正は令和3年3月31日以後に終了する事業年度の末日に属する課税期間から適用するとされています、

これは従来から要望がかなりあったはずですが、そもそも今まで認められていなかったのは何故だろうと思っていましたが、税務通信3587号のショウ・ウインドウでその理由について取り上げられていました。

今まで消費税の申告延長が認められていなかったのは、「端的に言うと、消費税の確定申告書の提出については、法人税のように”確定した決算に基づく”必要がないため申告期限の延長が認められていなかったということだ」とされています。

なお、「消費税は預り金的な性格を有しているため申告期限を延長する必要がないとの考え方に基づいているとの説もある」そうですが、過去に争われた裁決(平6.5.24裁決)では以下の整理がされているとのことです。この裁決事例は国税不服審判所のサイトによると、法人税の申告期限延長の特例適用を受けていることをもって、消費税の期限後申告について、正当な理由があるとはいえないとしたものです。

※法人税は事業年度の終了の時に、消費税は課税資産の譲渡等をしたときにそれぞれ納税義務が成立する(通法15②)。

※申告納税方式にあっては、納付すべき税額が納税者のする申告により確定することを原則としている(通法16①一)。

※法人税では、内国法人は各事業年度の終了の日の翌日から2月以内に税務署長に対し、確定した決算に基づき申告書を提出しなければならないとしている。会計監査人の監査を要することにより決算が確定せず期限までに提出できない常況にあると認められる場合等は、確定申告書の提出期限の延長を受けることができる(法法74①、75の2)。

※消費税では、課税事業者は、課税期間ごとに当該課税期間の末日から2月以内に、課税標準額等を記載した申告書を税務署長に提出しなければならないとしている(消法45)。

※以上を踏まえると、消費税の納税義務は、課税資産の譲渡等の時に成立しており、通常、継続して事業を行っている事業者は、その課税期間を通じて各日ごとに取引があり、その取引ごとに消費税相当額を受領し、消費税を転嫁しているのであるから、確定した決算に基づくことは、消費税の確定申告者を提出する上での要件となるものではない。

とはいえ、実務上は法人税の申告期限を延長している場合は、消費税申告書提出後に修正が加わる可能性がある以上、改正によって消費税の申告期限の延長が可能になるのは歓迎です。

関連記事

  1. 契約書の交付日が指定日後でも経過措置の適用は可能

  2. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか

  3. 借手と貸手で認識が異なるリース取引の消費税

  4. 消費税、社宅用建物等の取得費の区分誤りに要注意

  5. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは…

  6. 消費税が予定通り平成26年4月から8%になることに決まりました

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,370,003 アクセス

ページ上部へ戻る