閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  2. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  3. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  4. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  5. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  6. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  7. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  8. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
  9. 過大配当利用の節税封じは20年3月末の期末配当も対象
  10. 2021年1月より介護休暇や子の看護休暇が1時間単位で取得可能に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?

経営財務3439号の【海外会計トピック】に”2019年会計にまつわる事項トップ10、2020年のトップ事業、その他”という記事が掲載されていました。

この記事では、カナダのインターネットサイトが公表した10項目が紹介されています。ここで紹介されていたものの一部を以下で取り上げます。

・会計事務所の不適切な行動:Big4などでパワハラ、セクハラ、性差別などが露見した。
・カナダの大麻合法化で、大麻企業関連での儲かる監査業務が大幅に増加している。
・英国で監査スキャンダルに見舞われた監査事務所は、業績を悪化させている。
・PCAOB(公開会社会計監査委員会)は内部通報により、その運用等の問題が露見し、英国のFRCと同様に「牙のない張り子の虎」などと、その存在意義が問われている。米国では、それほど遠くない時期に、次なるアーサーアンダーセンを見ることになるかも知れない。

昨年、イギリスにおいてBig4の寡占が問題視されており解体が議論されているというような報道もなされ、KPMGが結構叩かれていたと記憶していますが、上記は英国ではなく「米国では、それほど遠くない時期に、次なるアーサーアンダーセンを見ることになるかも知れない」とされており、仮にそのとおりになるとすると消えるのはどこなのかが問題です。

とはいえ、本当にBig4の一つが消滅するようなことになっても、なくなった会計事務所のメンバーにより、規模の小さな事務所がいくつか設立されるとともに、大部分は他の三つの事務所に引き継がれ、大手の寡占化がすすむという結果となるだけではなかろうかという気はします。

2020年は早々にイランと米国の緊張が高まりましたが、終息しそうだとして米国株価は最高値を更新しています。FRBは利下げをして予防的緩和を実施しなければならなかった状況だったはずで、世界的に色々なリスクがある中で最高値を更新していくというは違和感を感じるものの、うらやましいなとも思います。

オリンピックとかいってられない事態にならないとよいですが・・・

関連記事

  1. 広がる自主的な上場廃止

  2. 有償新株予約権の発行は時価総額100億円以下で多く採用

  3. 監査事務所ローテーションアンケート結果ー経営財務3239号

  4. 連結納税(その2)-連結納税を導入するメリットは?

  5. 資産除去債務に係る税効果等

  6. 2012年3月期(平成24年3月期)から適用開始となる会計基準等…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,315,544 アクセス
ページ上部へ戻る