閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

過大配当利用の節税封じは20年3月末の期末配当も対象

少し前に”令和2年改正で過大配当利用の節税封じ”で、2020年4月1日以後開始事業年度から子会社の配当等を利用した節税手法に規制がかかるという内容を取り上げましたが、税務通信3590号の税務の動向で「子会社配当等による節税封じ 今期3月末の期末配当も対象」という記事が掲載されていました。

前回確認したT&A masterの記事では2020年4月1日以後開始事業年度の法人税から適用されるとさらりと流してしまいましたが、上記記事によれば「本年4月1日以後開始事業年度に適用されるところ、3月決算法人では、本年3月末の配当基準日に基づき、6月頃に子会社から受け取る期末配当から早速対象となるようだ」とされています。これは、新たに導入される予定の措置が、配当を受ける親法人の事業年度をベースに適用されることによるためです。

実際関係するケースは多くないと思いますが、基準日が4月1日より前であっても。子会社株式の簿価修正が必要となる可能性があるという点には注意が必要です。

なお、”この措置の規定ぶりの詳細はもうじき国会に提出される令和2年度税制改正法案ではなく、例年3月末に誇負される改正政令で明らかになる方向のようだ”とのことです。

関連記事

  1. 更生手続等により取得した優先的施設利用権のみとなったゴルフ会員権…

  2. 所得拡大促進税制の確認(その3)-雇用者給与等支給額(各論)

  3. 過年度遡及修正と申告書の添付書類

  4. 源泉所得税を過大に納付した場合はどうなる??

  5. 会社の清算手続(その2)-総論

  6. 馬券払戻金の課税者訴訟で納税者勝訴-5年で72億円購入って・・・…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,397,122 アクセス

ページ上部へ戻る