閉じる
閉じる
閉じる
  1. 招集通知の日付記載は任意記載?
  2. 改正電子帳簿保存法における電子取引情報保存制度による仕入税額控除に紙は…
  3. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  4. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  5. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  6. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  7. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  8. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  9. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  10. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2021年1月より介護休暇や子の看護休暇が1時間単位で取得可能に

2019年12月10日に厚生労働省労働政策審議会雇用環境・均等分科会は、介護休暇や看護休暇を1時間単位で取得することを可能とする「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則の一部を改正する省令案要綱」等についておおむね妥当と認めたとのことです。

法改正は不要のため、省令等の公布から12か月程度の準備期間を経て、2021年1月1日から施行される予定とのことです。

2017年1月より介護休暇も子の看護休暇も半日単位での取得は可能なようになっていますが、上記により来年(2021年)1月より時間単位での取得が可能(会社にとっては認めるのが義務)となる予定です。

介護休暇にしても子の看護休暇にしても、2時間でよいというようなことも多くあり、従来は最低の取得範囲が半日であったので、労働者からすると歯がゆいということもあったと思いますが、来年1月からは時間単位で有効に休暇を使用することができるようになると考えられます。

なお、1時間単位の取得は1日の始業時刻から連続、または終業時刻まで連続することを要件とし、就業時間の途中で抜けて途中から復帰する「中抜け」は想定されていないとのことです。ということは反対に朝と夕方に取得するというようなことは可能ということになりそうです。

また、従来半日単位の取得対象から除外されていた所定労働時間が短い労働者(4時間以下)に対する除外規定は削除され、短時間労働者であっても1時間単位で取得できるようになるとのことです。

労働者にとってはありがたい改正である一方、会社としては時間単位での様々な休暇管理が必要となるため、ある程度の人数がいる会社ではシステム化で対応することが必要となると思われます。

関連記事

  1. 採用以来約30年間にわたる勤務成績・勤務状況の不良を理由とする普…

  2. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可…

  3. 雇用保険法等の改正(平成28年)-その1

  4. 厚生年金基金の実態と廃止に向けた問題は?(その1)

  5. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認

  6. 有望な社員が会社を去る理由

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,017,060 アクセス
ページ上部へ戻る