閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  2. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  3. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  4. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  5. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  6. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  7. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  8. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
  9. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?
  10. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続会)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効

日々日経平均が大きく変動を繰り返しており、タイミング悪く業績によって株価を下げていた銘柄については、コロナショックで少し前の株価と比較すると50%以上下落している銘柄もそれなりにあると思います。

30%~50%の下落でみれば該当銘柄は当然増加しますが、コロナショックで下げただけというのであれば、3月末で即減損を方針としている会社はほとんどないと思われます。

期末日時点で50%以上下落した場合には、通常減損が求められることとなると考えられますが、上場株式を減損した場合の税務上の取扱いについては、リーマンショック後に国税庁が公表した「上場有価証券の評価損に関するQ&A 」が現在も有効とのことです(税務通信3598号 税務の動向)。

上記Q&Aは、減損処理した上場有価証券等の評価損を損金算入しやすくすることなどを目的として、リーマンショック後の経済危機対策の一環として公表されたものです。

4問のQ&Aで構成されており、全部に目を通してもそれほど時間はかからないと思いますが、要点だけ確認しておくと以下の様になっています。

Q1の質問のポイントは、「税務上、上場株式の評価損の損金算入が認められるには、一般的に株価が過去2年間にわたり 50%程度以上下落した状況になくてはならないというようなことを聞きますが、当社が所有する上場株式はこのような状況に該当しないことから、損金算入することは認められないのでしょうか」で、これに対する回答のポイントは、「回復可能性がないことについて法人が用いた合理的な判断基準が示される限りにおいては、その基準が尊重され、必ずしも株価が過去2年間にわたり帳簿価額の 50%程度以上下落した状態でなければ損金算入が認められないというものではないとされています。

Q2は、50%超下落時の回復可能性の判断基準について、税効果会計等の観点から当社の監査を担当する監査法人のチェックを受けながら策定した形式基準を継続的に用いた場合、税務上の損金算入の判断は合理的なものと認められるかというものです。

これに対する回答は、継続的に使用するのであれば、その基準に基づく損金算入の判断は合理的なものと認められるとされています。

Q3は合理的な判断基準に基づいて評価損を損金算入した翌期に以降に、株価が戻ったような場合に損金算入を遡及して是正する必要があるかというもので、これに対する回答は不要というものです。

最後のQ4は、前期において50%超下落で会計上評価損を計上し、税務上は加算していたものが、当期合理的な判断基準に該当したことにより、税務上損金算入の要件を満たしたと判断した場合、損金算入処理や金額はどうなるかというものです。

これに対する回答は、「評価損否認金の額も含めて、その事業年度の損金の額に算入することが認められる」というものです。

このQ&Aが役に立つことがない状況がなによりですが、3月決算会社では参照しなければならないことも増えそうです。

関連記事

  1. 扶養控除等申告書には個人番号を記載しないという選択肢もあるようで…

  2. 会社担当者による横領と税理士の責任

  3. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意

  4. 会計限定の監査役登記の登録免許税は1万円に落ち着くようです

  5. 所得拡大促進税制の確認(その3)-雇用者給与等支給額(各論)

  6. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,760,135 アクセス
ページ上部へ戻る