閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  2. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  3. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  4. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  5. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  6. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  7. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  8. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
  9. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?
  10. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続会)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消

2日前に”IPOはツキも重要-昨年に引き続き再トライのウイングアーク1st株式会社はどうする?”で3月26日に上場を予定していたウイングアーク1st株式会社が、昨年同時期に市場環境を勘案し上場承認後に上場を中止したので、直近の市場環境をうけ今年はどうするのだろうということを取りあげましたが、同社は昨日再度上場申請を取り下げていました。

同社のHPには”株式売出しの中止に関する取締役会決議のお知らせ”として以下のとおり記載されています。

 

2020年2月20日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所への上場に伴う株式売出しについて承認いたしましたが、2020年3月10日開催の当社取締役会において、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大及び原油価格の急落等を受けた最近の株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案し、当該株式売出しの中止を承認し、それに伴い当社普通株式の東京証券取引所への上場申請を取り下げることを決議いたしましたので、お知らせいたします。
 なお、今後の上場手続きの再開につきましては、株式市場の動向等を見極めたうえで、引き続き検討してまいります。

既に東証のHPからIの部等の情報は削除されていますが、営業利益は17年2月期:27.4億円、18年2月期:42.2億円、19年2月48.8億円、20年2月期3Q:46.0億円と順調に推移していました。2年連続で残念な結果となりましたが、業績が順調なだけに会社としては市場環境の悪いタイミングで上場する必要はないという判断のようです。

今後、経済状況が悪化すれば同社の業績も悪化する可能性はあり、再度上場するタイミングが難しくなる可能性もありますが、とはいえ、上場してしまえば、直後の業績等が注目され、様々な維持コストもかかるため、上場を見送るというのは妥当な判断だと思います。

三度目の正直で上場できる日がいつになるのか、次回のトライを見守りたいと思います。

関連記事

  1. IPOに向けて過去2年分の未払残業代の支払は必要か?

  2. 財産保全会社設立のメリットは?

  3. 新規上場のためのIの部と過年度遡及会計基準との関係

  4. 2016年上期のIPOは42社-経営財務調べ

  5. 2017年IPOは96社(続編)

  6. IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,760,259 アクセス
ページ上部へ戻る