閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能

税務通信3599号のショウ・ウインドウに「ボリュームライセンスと少額減価償却資産特例」という記事が掲載されていました。

ソフトウェアのライセンスを一定数購入した場合に、単価が安くなるようなボリュームライセンスでソフトウェアを取得した場合、少額減価償却資産特例(10万円未満かどうか)の判定は総額で行うのか、それとも総額を按分した単体価額で行うのかについて述べたのもで、結論としては按分した単体価額で行うことができるとされています。

理由は、少額減価賞償却資産特例に係る取得価額の判定は、「通常1単位として取引されるその単位」で行うこととされているためとされています(法人税基本通達7-1-11)。

ここまでは普通の内容ですが、この記事では最後に「なお、”ボリュームライセンス”で購入する場合、複数のライセンスを取得しても認証を行う”ライセンスキー”はひとつというケースもあるようだが、その場合でも、考え方は同じということだ」とされています。実務上は、ライセンスキーが一つしかないような場合に、単体価額で判断して良いのか迷うケースもあるのではないかと思われますが、「通常1単位として取引される」ものであるかぎり、通常取引される単位毎に、ライセンスキーがあるか否かは問われないということです。

覚えておくと役に立つかも知れません。

関連記事

  1. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その1)

  2. 事業所得の損失と給与所得は損益通算できる?

  3. スマホやデジカメ等で撮影した領収書等を電子保存するための要件を定…

  4. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです

  5. 法人契約の損害保険から受け取った保険金を従業員へ支払った場合の課…

  6. 震災特例法による法人税の繰り還付と会計処理




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,194 アクセス
ページ上部へ戻る