閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定

残念ながら監査法人でも新型コロナウイルス感染者が発生するなど、決算を締める会社側も監査をする側もかなり通常とは異なる環境下で本決算作業をすすめている3月決算会社が大半ではないかと思いますが、決算発表の状況をみていると、通常よりも決算発表を遅らせる会社が多いものの決算発表を完了している会社が多く、率直にすごいなと感じます。

4月28日に経団連からは臨時的な招集通知モデルとして、株主の来場を原則断る想定のモデルも公表されたことから、原則来場を断るという方向でほぼ従来通りのスケジュールで株主総会を開催することを選択しやすくなったという面はあるのではないかと思われます。

とはいえ、経営財務誌が5月13日までの適時開示書類を調査したところ、海外子会社の決算作業の進捗等の理由により、株主総会の継続会を開催する方針を決定している上場会社が5社あったとのことです(経営財務 3457号「2020年3月期 株主総会の継続会、上場5社が開催方針を決定」)。

上記の記事で取り上げられていた5社は以下のとおりです。
・アネスト岩田(東一,機械,青南)
・NKKスイッチズ(JQ,電気機器,あずさ)
・パイオラックス(東一,金属製品,EY新日本)
・芦森工業(東一,輸送用機器,あずさ)
・日本農薬(東一,化学,協和)

5月14日~本日までの適時開示を確認してみたところ、さらに以下の会社が継続会開催の方針について適時開示をおこなっていました。

・ADEKA(東一、化学、EY新日本)
・ナカノフドー(東一、建設業、和泉)
・国際計測(JQS、精密機器、トーマツ)
・三栄コーポーレーション(JQS、卸売業、太陽)
・中央ビルト工業(東二、金属製品、UHY東京)
・フェローテック(JQS、電気機器、EY新日本)

今後更に増加するかもしれませんが、3月決算の上場会社数は2400社程度なので、全体数からすれば極わずかといえます。また、継続会ではなく、株主総会の開催日を7月以降に延期した会社が10社程度存在していますが、双方合わせても現時点では20社程度にすぎません。

なお、株主総会の開催日を7月以降に延期することを公表しているのは、東芝(基準日を5月15日として7月以降に開催予定)、オリンパス(基準日を5月31日に変更し、7月下旬に開催予定)などです。基準日を変更している中でもっとも基準日をおくらせているのは、何かと話題のジャパンディスプレイのようで、6月30日を基準日として8月末までに総会を開催する予定としています。また、サンデンホールディングス株式会社については、海外子会社の決算状況の関係で、決算発表を6月以降、総会を7月以降に行う予定である旨を4月24日に公表していますが、本日現在基準日について未発表となっており、6月以降の基準日となる可能性が高そうです。

新規感染者数が減少している中で、株主の来場を原則断る招集通知を採用するのがよいのかについて、悩む部分もありますが、第2波がないとはいえない以上、個人的には感染の可能性を極力抑える方向で対応しておくということでよいのではないかと思います。

関連記事

  1. 2021年9月末までの時限措置でウェブ開示によるみなし提供の対象…

  2. パリ協定目標に沿った投資のための経営戦略を記載した計画開示の株主…

  3. 改正会社法(その7)-資金調達関連の改正

  4. 株主総会のスケジュール(その2)-会計監査人設置会社

  5. 社外取締役がいないと株主総会で説明が必要になるようです-会社法改…

  6. 決算期変更と取締役の任期の関係

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,422,682 アクセス
ページ上部へ戻る