閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

プロ野球開幕と年間シートの損金算入時期

開幕が延期されていたプロ野球が6月19日から無観客で開幕しましたが、プロ野球の年間シートを法人等で購入している場合の損金算入時期について、税務通信3610号で取り上げられていました。

例年は、基本的に中途解約はできないものであることから3月開幕戦と同時期に損金算入(損金不算入)することとされていたとのことですが、今年は費用の支出目的によって損金算入(損金不算入)する時期が異なるとされています。

すなわち、プロ野球の年間シート購入が福利厚生目的なのか接待供応目的なのかによって
、損金算入(不算入)とされる時期が異なるとのことです。

福利厚生目的であれば、購入の日から1年以内に役務影響が行われる事から、短期前払費用(法基通2-2-14)の適用で2020年3月期の損金算入とすることができる一方、接待供応目的であれば、接待供応等のあった日の事業年度に損金不算入となるとされています。

そして、接待供応目的の場合は、「現時点で観客動員での試合観戦がないことを踏まえると。3月決算法人の場合、2021年3月までに観戦機会があれば、2021年3月期に損金不算入となるとされています。

なお、接待供応等の計上基準となる日は、観客を入れて開催される日となるとのことですので、無観客試合で行われている限りは3月決算会社と同様の取扱いとなるとのことです。観客が動員されるようになるのは順調にいっても7月下旬くらいからのようですので、3月決算に限らず4月~6月決算会社も同様の取扱いとなるようです。

野球に限らずサッカーなど他のスポーツでも年間シートを福利厚生や接待供応目的が購入している場合にも同様の取扱いになると考えられます。

関連記事

  1. 従業員等の慰安旅行費用が交際費等にあたらないとされた判決

  2. 屋形船接待の飲食も50%損金算入の対象

  3. キャバクラ接待も主目的が飲食であれば50%損金算入の対象に?

  4. リクルーターが学生と面談で要する飲食費は交際費?

  5. ゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱い

  6. 50%損金算入交際費の記載要件が明らかになりました-平成26年3…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,989,372 アクセス
ページ上部へ戻る