閉じる
閉じる
閉じる
  1. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  2. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  3. 短期前払費用特例適用の留意点
  4. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  5. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  6. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  7. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  8. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  9. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  10. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

プロ野球開幕と年間シートの損金算入時期

開幕が延期されていたプロ野球が6月19日から無観客で開幕しましたが、プロ野球の年間シートを法人等で購入している場合の損金算入時期について、税務通信3610号で取り上げられていました。

例年は、基本的に中途解約はできないものであることから3月開幕戦と同時期に損金算入(損金不算入)することとされていたとのことですが、今年は費用の支出目的によって損金算入(損金不算入)する時期が異なるとされています。

すなわち、プロ野球の年間シート購入が福利厚生目的なのか接待供応目的なのかによって
、損金算入(不算入)とされる時期が異なるとのことです。

福利厚生目的であれば、購入の日から1年以内に役務影響が行われる事から、短期前払費用(法基通2-2-14)の適用で2020年3月期の損金算入とすることができる一方、接待供応目的であれば、接待供応等のあった日の事業年度に損金不算入となるとされています。

そして、接待供応目的の場合は、「現時点で観客動員での試合観戦がないことを踏まえると。3月決算法人の場合、2021年3月までに観戦機会があれば、2021年3月期に損金不算入となるとされています。

なお、接待供応等の計上基準となる日は、観客を入れて開催される日となるとのことですので、無観客試合で行われている限りは3月決算会社と同様の取扱いとなるとのことです。観客が動員されるようになるのは順調にいっても7月下旬くらいからのようですので、3月決算に限らず4月~6月決算会社も同様の取扱いとなるようです。

野球に限らずサッカーなど他のスポーツでも年間シートを福利厚生や接待供応目的が購入している場合にも同様の取扱いになると考えられます。

関連記事

  1. 接待飲食費に関するFAQ(国税庁)の確認(その1)

  2. 屋形船接待の飲食も50%損金算入の対象

  3. ゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱い

  4. リクルーターが学生と面談で要する飲食費は交際費?

  5. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?

  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,295,471 アクセス
ページ上部へ戻る