閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

プロ野球開幕と年間シートの損金算入時期

開幕が延期されていたプロ野球が6月19日から無観客で開幕しましたが、プロ野球の年間シートを法人等で購入している場合の損金算入時期について、税務通信3610号で取り上げられていました。

例年は、基本的に中途解約はできないものであることから3月開幕戦と同時期に損金算入(損金不算入)することとされていたとのことですが、今年は費用の支出目的によって損金算入(損金不算入)する時期が異なるとされています。

すなわち、プロ野球の年間シート購入が福利厚生目的なのか接待供応目的なのかによって
、損金算入(不算入)とされる時期が異なるとのことです。

福利厚生目的であれば、購入の日から1年以内に役務影響が行われる事から、短期前払費用(法基通2-2-14)の適用で2020年3月期の損金算入とすることができる一方、接待供応目的であれば、接待供応等のあった日の事業年度に損金不算入となるとされています。

そして、接待供応目的の場合は、「現時点で観客動員での試合観戦がないことを踏まえると。3月決算法人の場合、2021年3月までに観戦機会があれば、2021年3月期に損金不算入となるとされています。

なお、接待供応等の計上基準となる日は、観客を入れて開催される日となるとのことですので、無観客試合で行われている限りは3月決算会社と同様の取扱いとなるとのことです。観客が動員されるようになるのは順調にいっても7月下旬くらいからのようですので、3月決算に限らず4月~6月決算会社も同様の取扱いとなるようです。

野球に限らずサッカーなど他のスポーツでも年間シートを福利厚生や接待供応目的が購入している場合にも同様の取扱いになると考えられます。

関連記事

  1. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は…

  2. 接待飲食費に関するFAQ(国税庁)の確認(その1)

  3. 50%損金算入交際費の記載要件が明らかになりました-平成26年3…

  4. ゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱い

  5. リクルーターが学生と面談で要する飲食費は交際費?

  6. 人脈を広げるという目的で一人飲み代金を交際費処理して重加算

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,972,933 アクセス
ページ上部へ戻る