閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2020年算定基礎届 休業手当を1日でも支給した月は除外して決定すべき?

もう提出終わったよという方もいるかも知れませんが2020年度の算定基礎届の提出期間は本日から7月10日までとなっています。

今回の算定基礎届の作成にあたり、どう記載すればよいのかで問題となりそうなのは、新型コロナウイルスの影響で休業し、従業員に休業手当を支給した場合の取扱いです。

この点、日本年金機構が作成している「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(令和2年度)」においては、記載例のケース⑦として「一時帰休による休業手当が支給されているとき」という項目が設けられており、記載例が示されています。

休業手当が支給された場合の取扱いは7月1日時点で一時帰休の状況が解消している場合と、解消していない場合で取扱いが異なります。

1.7月1日時点で一時帰休の状況が解消していない場合

この場合は、一時帰休による休業手当等が支払われた月のみで算定するのではなく、通常の給与を受けた月も合わせて、報酬月額を算出することとされています。

2.7月1日時点で一時帰休の状況が解消している場合

この場合は、4月、5月、6月のうち休業手当を含まない月を対象とするとされています。仮に、4月、5月、6月のいずれにも休業手当が支払われている場合は、一時帰休により低額な休業手当等に基づいて決定または改定される前の標準報酬月額で決定するとされ、以下の記載例が示されています。

上記の例の4月のように休業手当の支給により「低額」であることが明らかである場合には、記載例のとおりその月を除外すればよいというのは分かりやすいですが、ここで問題となるのは、休業が1日とか2日であって、結果的からすると上記の記載例のように「低額」であるとはいいにくようなケースをどう取り扱うべきなのかです。あるいは5月のGW中の平日が休業となり休業手当の支給をうけ、GW明けからたまった仕事を残業して行ったというような場合も、支給額が「低額」という部分でどうするの?という疑問が生じます。

通常の支給基礎日数が17日未満の月は除くとされていますので、月の半分程度休業していたというケースであれば、何の違和感も感じず記載例通りに記載しますが、休業が数日で結果的に通常月と比較して「低額」といってよいのかというレベルだとどう記載すればよいのかに悩みます。

「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(令和2年度)」ではよくわからないので、電話で確認してみたところ、1日でも休業手当を支給した日があればその月は除外する形(記載例でいう「低額」の月)として取り扱うということでした。

あまり深いことは考えず、とりあえず異常値が入った月は除外して考えればよいということのようです。

関連記事

  1. いったいいくらもらえるの-遺族年金(その3)

  2. 10月1日から施行される年金一元化で何がかわるか

  3. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要がある…

  4. 定額残業代(その1)

  5. 会計士監査で特定個人情報を取得することは可能?

  6. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,269,704 アクセス
ページ上部へ戻る