閉じる
閉じる
閉じる
  1. 総額表示義務特例が今年度末で期限切れ
  2. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?
  3. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  4. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  5. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  6. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  7. 2020年年末調整に関係する改正事項
  8. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  9. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
  10. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2020年算定基礎届 休業手当を1日でも支給した月は除外して決定すべき?

もう提出終わったよという方もいるかも知れませんが2020年度の算定基礎届の提出期間は本日から7月10日までとなっています。

今回の算定基礎届の作成にあたり、どう記載すればよいのかで問題となりそうなのは、新型コロナウイルスの影響で休業し、従業員に休業手当を支給した場合の取扱いです。

この点、日本年金機構が作成している「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(令和2年度)」においては、記載例のケース⑦として「一時帰休による休業手当が支給されているとき」という項目が設けられており、記載例が示されています。

休業手当が支給された場合の取扱いは7月1日時点で一時帰休の状況が解消している場合と、解消していない場合で取扱いが異なります。

1.7月1日時点で一時帰休の状況が解消していない場合

この場合は、一時帰休による休業手当等が支払われた月のみで算定するのではなく、通常の給与を受けた月も合わせて、報酬月額を算出することとされています。

2.7月1日時点で一時帰休の状況が解消している場合

この場合は、4月、5月、6月のうち休業手当を含まない月を対象とするとされています。仮に、4月、5月、6月のいずれにも休業手当が支払われている場合は、一時帰休により低額な休業手当等に基づいて決定または改定される前の標準報酬月額で決定するとされ、以下の記載例が示されています。

上記の例の4月のように休業手当の支給により「低額」であることが明らかである場合には、記載例のとおりその月を除外すればよいというのは分かりやすいですが、ここで問題となるのは、休業が1日とか2日であって、結果的からすると上記の記載例のように「低額」であるとはいいにくようなケースをどう取り扱うべきなのかです。あるいは5月のGW中の平日が休業となり休業手当の支給をうけ、GW明けからたまった仕事を残業して行ったというような場合も、支給額が「低額」という部分でどうするの?という疑問が生じます。

通常の支給基礎日数が17日未満の月は除くとされていますので、月の半分程度休業していたというケースであれば、何の違和感も感じず記載例通りに記載しますが、休業が数日で結果的に通常月と比較して「低額」といってよいのかというレベルだとどう記載すればよいのかに悩みます。

「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(令和2年度)」ではよくわからないので、電話で確認してみたところ、1日でも休業手当を支給した日があればその月は除外する形(記載例でいう「低額」の月)として取り扱うということでした。

あまり深いことは考えず、とりあえず異常値が入った月は除外して考えればよいということのようです。

関連記事

  1. 「インバスケット思考」を読んで

  2. 日立製作所が無期転換求めた社員に解雇通知。最近どこかで見た気が・…

  3. 厚生年金基金の実態と廃止に向けた問題は?(その2)

  4. 痴漢行為で略式命令を受けた社員を諭旨解雇にするも、弁明の機会を与…

  5. いったいいくらもらえるの-遺族年金(その3)

  6. 改正高年齢者雇用安定法の疑問点二つが解消

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,147,876 アクセス

ページ上部へ戻る