閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税総額表示義務の確認(2021年4月1日以降)
  2. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  3. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  4. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  5. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  6. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  7. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  8. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  9. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  10. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

法定外休日の半日単位での休日の振替は可能?

労働基準法でいうところの「休日」は会社が休日としているうちの週1日の休日を意味します。35%以上の割増率が労働基準法上必要となる休日労働の「休日」とは、この法定休日のことで、就業規則で○曜日と定まっているようなこともあれば、特に定められていないこともあります。

ただし、行政は、週休制の趣旨に鑑みて就業規則において休日をできるだけ特定することが望ましいとしています(昭23.5.5 基発第682号、昭63.3.14 基発150号)。また、法定休日の休日については、原則として暦日(0時から24時)とすることとされています(昭23.4.5 基発第535号)。

休日の振替とは、あらかじめ休日と定められた日を労働日とし、そのかわりに他の労働日を休日とすることを意味し、「就業規則において休日を特定したとしても、別に休日の振替を必要とする場合休日を振替えることができる旨の規定を設け、これによって休日を振り替える前にあらかじめ振り替えるべき日を特定して振り替えた場合は、当該休日は労働日となり、休日に労働させることにはならない」とされています(昭23・4・19 基収第1397号、昭63.3.14 基発第150号))。

さて、上記より法定休日については、休日が原則として暦日休日である必要があるため、半日単位で休日の振替を行うことはできないという結論になるのは明らかですが、法定外休日についてはどうなのかが問題となります。

単に、上記の解釈は、法定休日に係るものであるため、法定外休日については半日単位での休日の振替も可能という見解も見受けられますが、私見としては法定外休日といえども無条件で半日単位での振替が認められるものではないと考えます。

法定外休日について、半日単位での休日の振替が認められるためには、就業規則上、所定休日として定められている休日のうち、法定休日以外の休日については、半日単位で休日の振替ができる旨を定めていることが必要だと考えます。

仮に、そのような定めがない場合については、法定外休日といえでも、暦日単位でのみ休日の振替が可能と解釈するのが妥当だと考えます。これは、休日の定義について、就業規則に特段の定めがなく、法定休日を暦日としてとらえるのであれば法定外休日も同様に暦日単位で考えるのが自然であると考えられるためです。

就業規則で、土日・祝日が所定休日(ここでは日曜日を法定休日とします)、所定労働時間8時間とされている会社において、法定外休日の土曜日に4時間労働するので、金曜日の労働時間を4時間とした場合、総労働時間は確かに週40時間で変化ありませんが、一般的には5日出勤するよりも6日出勤する方が労働者への負担は重いといえるのではないかと思います。もちろん、感じ方は人それぞれですし、労働内容によっては完全休日が1日になっても8時間よりも4時間×2日の方がありがたいというケースもないとはいえませんが、所定休日は暦日単位で考えているのが普通だと思いますので、特段の定めがない場合にそれを分割して振り替えるというのは労働者にとって不利益であるといえると考えます。

したがって、繰り返しになりますが、就業規則等において、法定外休日については半日単位で休日の振替ができる旨が定められていないのであれば、暦日単位で考えるというのが無難だと考えます。

関連記事

  1. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?

  2. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り…

  3. 雇用契約と業務委託契約(その2)

  4. 厚生年金基金の実態と廃止に向けた問題は?(その2)

  5. 有給休暇の消化を当年度付与分から優先するのは問題ない?

  6. 定額残業代(その1)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,718,215 アクセス
ページ上部へ戻る