閉じる
閉じる
閉じる
  1. 市場再編前にとりあえず市場変更する会社は多いのか?
  2. 消費税総額表示義務の確認(2021年4月1日以降)
  3. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  4. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  5. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  6. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  7. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  8. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  9. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  10. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?

税務通信3640号の税務の動向に「コロナの影響で源泉徴収漏れが多発」という記事が掲載されていました。

この記事によれば、「実務上は、多くの企業が、非居住者の国内源泉所得に係る源泉徴収を失念している実態にある」そうで、「今後の源泉所得税の税務調査に備え、改めて源泉徴収漏れがないか否かの確認をしておくべき」とされています。

源泉徴収を失念している可能性がある項目としては以下の項目について触れられています。

➀日本に一時帰国している従業員に対して支給する留守宅手当等
 国内源泉所得として20.42%で源泉徴収が必要。新型コロナの影響により、海外出向から一時帰国している従業員に対する留守宅手当等が発生している可能性があるため注意が必要とされています。
 
②海外支店に勤務する役員への役員報酬
 これはコロナと関係ありませんが、例年、海外取引等に係る源泉所得税に関して最も多いミスとされています。海外支店に勤務するのが役員ではなく従業員であれば、給与等は源泉徴収は不要ですが、役員の場合は、海外支店で勤務していることに対するものであっても、国内源泉所得として20.42%で源泉徴収が必要とされています。
 なお、源泉徴収はおこなっているものの、20.42%ではなく、居住者として累進税率で源泉徴収を行ってしまっているケースもあるとのことですので注意しましょう。
 
③海外支店に出向した従業員に対して、出向後、最初に支払う賞与
 出向後最初に支払う賞与の中に、国内勤務分が含まれている場合には、その従業員が非居住者であったとしても、国内源泉所得として20.42%で源泉徴収が必要。
 
この記事では上記3点が取上げられていましたが、在宅勤務等のための準備金(支援金)として従業員に一律支給している金額なども源泉徴収の対象となると考えられますので注意が必要です。

なお、給与等に係る源泉所得税を法定期限までに納付していないケースでも、「正当な理由があると認められる場合」には、不納付加算税が課せられないこととなっているものの、「単に源泉徴収すべきこをを”知らなかった”だけでは、「正当な理由」があるとは認められず、”知りうる状況になかったこと”を示すことが必要」とのことです。

「知らなかった」というだけで「正当な理由」があるとは認められないというのは、当然でしょう。では「知りうる状態になかった」というのはどのようなケースが該当するのかですが、海外勤務しているはずの従業員が、日本本社に黙って帰国してリモートで勤務していたというようなケースなどはありえるかも知れません(もっともこのような場合に、本人以外から本社に全く連絡がないことは考えにくいですが・・・)。

不納付加算税は基本的に税額の10%となっており、ついうっかりの結果として支払うには金額が大きかったりするので注意しましょう。

関連記事

  1. ハズレ馬券訴訟-大阪地検は控訴の構え

  2. ふるさと納税でもらえる特産品に対する課税関係は?

  3. 早朝出勤時に支給される朝食の課税関係

  4. 復興特別所得税の区分処理方法(その1)

  5. 役員退職慰労金制度の廃止トレンド

  6. 海外出向者に関わる税務(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,725,724 アクセス
ページ上部へ戻る