閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  2. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  3. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  4. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  5. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  6. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  7. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  8. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
  9. コプロがプライム市場上場維持基準適合に向けた意志表明を適時開示
  10. バーチャルオンリー型株主総会のための定款変更議案上程が5社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ

1ヶ月ほど前に”2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に“で今年6月の総会からバーチャルオンリー型の株主総会の開催が可能となりそうだという内容を記載しましたが、2月5日に閣議決定された「産業競争力強化法等の一部を改正する法律案」が、現在開催中の第204回通常国会に提出されたとのことです(経営財務3499号「バーチャルオンリー株主総会の特例等を国会提出」)。

法案の主な内容は、前回も触れましたが以下の三点とされています。なお、本法案は公布後即日施行が見込まれているため、2021年6月総会からバーチャルオンリー株主総会を実施できる見込とのことです。

  1. 上場会社は経済産業大臣および法務大臣の確認を受けた場合、「株主総会を場所の定めのない株主総会」とすることができる旨を定款に定めることができる
  2. 1.の定めのある上場会社については、株主総会の「場所」を定めなければならないとする会社法の規定を「株主総会を場所の定めのない株主総会とする旨」と読み替えること等により、バーチャルオンリー株主総会が開催可能
  3. 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、施行後2年間は上記1.の確認を受けた上場会社の定款には1.の定めがあるものとみなすことが可能

新型コロナウイルスの感染者数が下げ止まっているとはいえ、緊急事態宣言も解除されている状態が今後も継続した場合に、今年6月の総会からバーチャルオンリー株主総会の開催が可能となったからといって、実際にそれを採用する事例がでてくるかはわかりませんが、選択肢は一つ広がりそうです。

株主の立場からすれば、バーチャルでも株主総会に参加できるというのはありがたいと思いますが、バーチャルでしか株主総会に参加できないというのは、特にバーチャルのみにする理由が乏しい場合には納得し難いという面もあると思います。

したがって、当面はハイブリット型の株主総会が徐々に増加していき、その中で生じた問題がフォローされていく形になるのではないかと個人的には考えています。

関連記事

  1. 株主リストに関するよくあるご質問

  2. 改正会社法(その8)-重要な子会社の株式等の譲渡手続

  3. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討

  4. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました

  5. 新型コロナの影響で株主総会はどうなる

  6. 上場会社の配当支払方法(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,154,423 アクセス
ページ上部へ戻る