閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

在宅勤務時の残業食事代の課税関係

税務通信3651号の税務の動向に「在宅勤務下の残業食事代も実費精算であれば非課税」という記事が掲載されていました。

在宅勤務時の残業食事代というと特殊な感じがしますが、コンサルティングなど、終日自社以外の場所で勤務をしている場合に支給される残業食事代と同様と考えれば、在宅勤務だけ特殊ということはなさそうです。

結論としては、記事のタイトルにあるとおり、「従業員が自分で食事を購入するなどして事後的に実費精算した場合の残業食事代についても同様に給与として課税されない」という取扱いは「オフィス勤務に限ったものではなく,在宅勤務においても変わらない」とのことです。

ただし、 所得税基本通達36-24 は「通常の勤務時間外に勤務した者についての取扱いであり,前提として,在宅勤務下であっても適切な労務時間管理が行われており,通常の勤務時間と,残業等の勤務時間外の線引きが適正にできていることが必要となるのは言うまでもない」とされている点には注意が必要です。

在宅勤務における時間管理については、悩ましい部分が結構あると思われ、事業場外みなしとして所定労働時間として取り扱っているようなことも多いのではないかと思われます。
もともと、残業食事代の支給がなされていた会社で、在宅勤務の時間管理をきちんと行っている場合に、残業食事代の支給を継続しているかについては会社によって異なる可能性がありますが、少なくとも所得税法上は給与課税は不要とのことです。

(参考)
36-24 課税しない経済的利益(残業又は宿日直をした者に支給する食事)
使用者が、残業又は宿直若しくは日直をした者(その者の通常の勤務時間外における勤務としてこれらの勤務を行った者に限る。)に対し、これらの勤務をすることにより支給する食事については、課税しなくて差し支えない。

関連記事

  1. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし

  2. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこ…

  3. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?

  4. 重加算税の対象となる「特段の行動」とは

  5. 配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等の改正(平成30年分より)…

  6. 復興特別所得税の区分処理方法(その2)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,675 アクセス
ページ上部へ戻る