閉じる
閉じる
閉じる
  1. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  2. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  3. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  4. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  5. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  6. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  7. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  8. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  9. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
  10. 主要な日本企業 継続監査期間が60年超は7社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理

税務通信3627号の税務の動向に「国税庁が海を跨ぐリモート勤務の給与課税等を整理」という記事が掲載されていました。国税庁から海を跨ぐリモート勤務の課税関係などが整理された物が公表表されることとなるようですが、この記事で取上げられていた主なな内容は以下のとおりです。

まず、海外赴任が予定されていたもののコロナ禍の影響で、現地への赴任は断念したものの、日本からリモートワークで海外子会社勤務となっている場合の取扱いは以下のとおり整理されています。

(1)給料が日本の親会社経由で支払われる場合
 リモートで海外子会社勤務を行っている従業員は、海外リモート勤務を行う前と変わらず、居住者に対して日本国内で支払われる給与であるたえ、源泉徴収の対象となる。不動産所得等がなく、勤め先が1箇所で給与が年間2,000万円を超えなければ、年末調整で納税手続が完結する。
 
(2)海外リモートワーク時に海外子会社から給料が支払われる場合
 この場合は、居住者に対して支払われる給与であるものの、日本国内で支払われる給与でないため、源泉徴収義務は生じないものの、課税対象となる給与であるため、従業員は、日本親会社等から支払われ源泉徴収がされた給与も含めて確定申告をする必要がある。
 
次に、海外赴任していた従業員が、コロナ禍により日本に一時帰国の予定で帰国したものの、再出国できずに日本国内から海外子会社等にリモートワークしている場合の取扱いについては以下の様になると整理されています。

まず、基本的な考え方として、1年以上の予定で海外赴任した従業員が、日本に一時帰国している場合、一時帰国によってもまだ海外子会社等の勤務の命が説かれていない状態であれば、一時帰国の期間が1年以上となるまでは、基本的にその従業員は「非居住者」となるとのことです。

非居住者扱いの従業員は、国内源泉所得にのみ日本の所得税が課せられることとなりますが、「現行法令解釈では,その勤務している従業員が物理的に所在する場所が国内か否かで判定するといい,従業員がいるのが国内であれば,リモートワークで海外子会社等に勤務をしていても,国内において行う勤務に当たり,その給与は国内源泉所得に該当する」とのことです。

よって、日本国内の親会社が支払った給与、海外子会社が支払った給与のいずれも、所得税の課税対象となります。ただし、海外子会社が給与を支払うケースにおいては、日本国内に海外子会社の事務所等があるか、海外子会社の所在地国と租税条約等で短期滞在者免税規定があるかあるかによって以下の様に取扱いが異なると整理されています。

(1)日本国内に海外子会社の事務所等がない場合
 非居住者に対して日本国内で支払われる給与でないため、源泉徴収義務はない。従業員は、確定申告が必要。親会社から支払われている留守宅手当などがある場合、非居住者であるため、日本親会社による源泉徴収で納税手続は完了する。
 
(2)日本国内に海外子会社の事務所等がある場合
 あまりないように思いますが、海外子会社の支店が日本国内にある場合には、「みなし国内払い」(所法212②)が適用され、海外子会社に源泉徴収義務が生じるとのことです。従業員からみた場合、海外子会社が源泉徴収して、税務署に納付することで納税手続が完了するため確定申告は不要となる。
 
(3)海外子会社の所在地国との租税条約で短期滞在免税規定がある場合
 海外子会社の所在地国が、いわゆる183日ルールのような租税条約がある国である場合、上記(1)、(2)のいずれの場合であっても、短期滞在者免税の適用要件を満たせば免税の扱いとなる。

関連記事

  1. ゴルフ会員権の譲渡損が損益通算廃止の方向へ

  2. 資格取得費が所得控除できるという特定支出控除って何?

  3. 更生手続等により取得した優先的施設利用権のみとなったゴルフ会員権…

  4. フリーランスの立替経費精算ー宛名なしのタクシー領収書は源泉必要

  5. 「学資金」の非課税範囲の拡大とは?-平成28年税制改正

  6. 平成28年分以後の所得税に適用される特定支出控除は何が変わった?…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,366,554 アクセス

ページ上部へ戻る