閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

三井トラスト・ホールディングスの会社法監査報告書にKAM記載

経営財務の3511号に「会社法上の監査報告書へのKAM記載に新たな1社」という記事が掲載されていました。

この3月期からKAMが原則適用となって、会社法の監査報告書にKAMを記載する事例がそれなりに出て来るのかと思っていましたが、上記の記事によると、6月15日時点で、新たに記載が確認できたのは三井住友トラスト・ホールディングスのみであったとのことです。

昨年から会社法の監査報告書にKAMを記載していた三菱UFJフィナンシャルグループは2021年3月期も記載を継続しています。

今年は、原則適用初年度ということもあり、KAMの記載について、会社法の監査報告書作成時点では詰め切れていないということも多かったのかもしれません。そういった意味では、来年は会社法の監査報告書にKAMを記載するという事例がもう少し増えるかもしれません。

いまのところ事例が2社のみではありますが、この記事では両社を比較して「招集通知の構成や形式には若干違いが見られる」とされています。すなわち、MUFGは、従来から「招集通知」、「事業報告」、「インターネット開示事項」の三つで書類を参考していたが、KAMの記載については昨年から、連結計算書類の監査報告書はインターネット開示で、個別は事業報告の中で開示しているのに対し、三井住友トラスト・ホールディングスは、「招集通知」と「インターネット開示事項」の二つで、招集通知に連結・個別両方の監査報告書が記載されているとのことです。

KAMが株主にとって本当に重要であるならば、株主総会に来場する際に持参するであろう書類に連結・個別共に記載しておくというのがよいのではないかと個人的には思います。

なお、MUFGのKAMでは、前期のKAMとの変更点について以下のような説明がなされている点も上記の記事で触れられていました。

これに対し、前連結会計年度の連結計算書類の監査において監査上の主要な検討事項とした「買収・出資に伴うのれん及びその他の無形固定資産の評価」については、関連するのれんが前連結会計年度において全額償却され、当連結会計年度の連結貸借対照表に計上されていないこと、及び関連するその他の無形固定資産の企業結合時における評価が前連結会計年度に完了していることから、当連結会計年度の連結計算書類の監査における監査上の主要な検討事項としていない。

2年目以降は、こうした観点での記載も検討するとよいかもしれません。

関連記事

  1. 平成29年3月期有価証券報告書作成上の注意点

  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた

  3. 四半期財務諸表に関する会計基準および適用指針の改定

  4. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?

  5. 単体開示の簡素化(その1)-平成26年3月期より

  6. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,093 アクセス
ページ上部へ戻る