閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中小企業経営資源集約化税制、DDが適用要件

令和3年度税制改正によって、「中小企業の経営資源の集約化に資する税制」が創設されています。

これは、M&A実施後に発生する中小企業の特有のリスク(簿外債務、偶発債務等)に備える観点から、M&Aに関する経営力向上計画の認定を受けた中小企業者が、株式業とのよってM&Aを実施する場合(取得価額が10億円以下の場合に限る。)において、株式等の取得価額の70%以下の金額を中小企業事業再編投資損失準備金として積み立てたときは、その積立金額を損金算入することができるという制度です(計画の認定期限は令和6年3月31日)。

中小企業事業再編投資損失準備金は、リスクが顕在化した場合に取り崩して益金算入することが想定されていますが、未使用分については据置期間(5年間)経過後、5年間で均等額を取り崩して益金参入することとされています。また、準備金計上対象となった株式等の全部または一部を有しなくなった場合にはその株式等の帳簿価額の減額に応じて取り崩すこととされています。

そして、この中小企業経営資源集約化税制の適用を受けるには、「経営力向上計画を策定し、主務大臣の認定を受けることが必要となるが、事業承継等事前調査、いわゆるデューデリジェンスを行うことが適用要件になることがわかった」(T&A master NO.888)とのことです。

T&A masterの記事によると、計画の申請様式には、法務、税務・税務等の調査の種類を記載するとともに、調査の内容として、どのような項目について調査を行う予定かを記載することになるようです。

記事ではDDを行うことが「適用要件になることがわかった」とされていますので、DDを実施しない旨を記載するということは認められないということだと思いますが、財務DDだけでも適用要件を満たすことができるのかについては明らかではありません。

DDの結果で、損金算入が認められる準備金の金額が決まるわけではないようですので、案件によってはDD費用をかけるなら条件の70%を準備金計上しておいたほうがトータルで安く済みそうだというような判断をすることがあるかもしれません。

とはいえ、よく知っていると思っている先でもDDを実施したら想定外の簿外債務が存在したというようなことも珍しいことではありませんので、範囲を限定したとしてもリスクが高そうな部分についてはDDを実施するのが無難と考えられます。

この点、「中小企業庁によると、中小企業の費用負担を考慮し、デューデリジェンスの費用を一部補助する助成金を措置することとしている」とのことです。

関連記事

  1. 「調査」と「行政指導」の違いは?

  2. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認され…

  3. 資産計上される商標権と資産計上されない商標権の違いは?

  4. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)

  5. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その1)

  6. 国税庁HP「質疑応答事例」に貸倒事例が追加

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,507,597 アクセス
ページ上部へ戻る