閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

CPE不正受講、2法人93名処分で終了

半年くらい前に話題となった大手監査法人におけるCPE不正受講問題ですが、2021年8月12日に日本公認会計士協会から「会員に対する懲戒処分について」というプレスリリースが公表され、これで一連の調査は一区切りとなるようです。

会計士協会のリリースによると「本事案の社会的影響等を考慮し、会則に基づき公表」するとされています。この事案が発覚した後、CPEのeラーニングでは、受講の際に、二重受講をしないことなどの警告メッセージが表示されるようになっており、会計士協会としては、事態を重く受け止め対応しているという感じはします。

今回公表されたリリースで懲戒処分が下されたのは、監査法人A&Aパートナーズと会員である公認会計士50名とされています。監査法人A&Aパートナーズで50人が処分対象となったのかと思いましたが、上記のリリースでは、監査法人A&Aパートナーズの処分理由として「監査法人に所属する社員及び職員である会員(上記2のうち9名)の研修の履修及び報告に係る監督義務を怠ったこと」とされていますので、同法人で処分対象となったのは9名で、残りは他の法人の会計士であったということのようです。とはいえ、HPの法人概要からするとパートナー13名、職員の会計士26名となっていますので、9名とはいえ割合でみると相当高いといえます。

なお、監査法人A&Aパートナーズの処分は、会員権の停止1ヶ月とされていますが、同法人が「今回の処分は日本公認会計士協会の会員としての権利の制限であり、いかなる業務も制限するものではありません。」と記載しているとおり、実質的な影響は皆無の処分となります。

3月に公表済みのものを含めると最終的に処分を受けた会計士は合計で93名となりましたが、全体からすれば小さな割合となっています。大部分の会計士からすると、これによって変な影響がないことを祈るばかりです。

また、会計士協会には、そもそもeラーニングのコンテンツの質が高いといえるのかについてもきちんと検討してもらいたいと思います。

関連記事

  1. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円…

  2. 上場会社監査事務所名簿開示差止請求を差戻(最高裁)

  3. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告

  4. 主要な日本企業 継続監査期間が60年超は7社

  5. 内部通報のよる不正発覚割合が減少-JICPA研究資料

  6. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,894,865 アクセス
ページ上部へ戻る