閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

内部統制報告制度強化等は先送り

そもそもそんな議論がなされていたことすら把握していませんでしたが、金融庁の「会計監査の在り方の関する懇談会(令和3事業年度)」において、「内部統制報告制度の規制強化」と「有価証券報告書の財務諸表に(対する)監査役等による報告書の導入」が論点となっていたそうです。

結論としてはタイトルにあるとおり、事実上先送りとなったようです(T&A master NO.907「内部統制報告制度強化等は事実上先送り」)。

懇談会が11月12日に公表した「論点整理」において、「内部統制報告制の規制強化」については、➀内部統制の整備・運用状況について分析を行った上で、国際的な内部統制・リスクマネジメントの議論の進展も踏まえながら、②必要に応じて、内部統制の実効性向上に向けた議論を進めるとのステップが示されたとのことです。T&A masterの記事では「➀だけでもかなりの時間を要することが見込まれる上、その分析に結果を受け「必要」と判断されて初めて議論の俎上に載るということを考えると、事実上、本論点は先送りになったと言えそうだ」と述べられています。

内部統制は重要だとは思いますが、より要求水準が高くなると、会社の側からすると本音としては価値を感じない無駄な作業が増えてしまうような気がします。

また、「有価証券報告書の財務諸表に(対する)監査役等による報告書の導入」についても、「有価証券報告書に監査役等による報告書を求めることを通じた財務報告に係るガバナンスに対する監査役等の責任の明確化などについても、中長期的に検討されるべき」とされるにとどまっており、上記の記事では「短期的な制度化はないだろう」と述べられています。

どの程度の内容を要求するのかにもよりますが、仮にこれが実現したとすると、監査役の候補者を探すのがかなり大変になることが予想されます。また、監査役の作業を補助する補助者も(追加で)かなり必要となることが予想されますので、こちらも導入のハードルはかなり高いように感じます。

個人的にはこのまま忘れ去れてしまうことを願います。

関連記事

  1. 平成25年3月期における内部統制報告書-重要な不備は7社

  2. 大王製紙も忘れてはなりません(その1)

  3. 過年度遡及修正と内部統制報告制度の関係

  4. 内部統制有効性評価で監査法人に損害賠償請求

  5. オリンパス社の「のれん」の内訳が開示されました-金融機関向け説明…

  6. 新規上場後3年の内部統制監査免除の除外規定が新設予定




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,336 アクセス
ページ上部へ戻る