閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正電子帳簿保存法 電子取引に宥恕規定が設けられるようです

税務通信の今週号(3683号)を見ていて先週号で取り上げられていた重要な事項に目を通していなかったことに気づきました。

2022年1月1日から、検索要件等の保存要件を満たす形で電子取引データの保存が要求されることとなっていますが、「事業者のシステム対応に配慮し一定の宥恕措置が検討され」ているそうです(税務通信3682号)。

具体的には、「令和4年度税制改正により、同日から令和5年12月31日までに2年間における電子取引に関して、やむを得ず保存要件を充足できなかったとしても、その保存を認めるといった宥恕措置(経過措置)が設けられる」とされています。

来年1月1日から改正法が施行されるのにどうするの?という点については、「年内に省令等を改正し措置する方針」とのことです。

経過措置の概要として税務通信の記事で紹介されていた内容の前半部分を引用すると以下のとおりです。

令和4年1月1日から令和5年12月31日までの間に申告所得税や法人税に係る保存義務者が行う電子取引につき、納税地等の所轄税務署長が当該電子取引の取引情報に係る電磁的記録を保存要件に従って保存をすることができなかったことについてやむを得ない事情があると認め、かつ、当該保存義務者が質問検査権に基づく当該電磁的記録の出力書面(整然とした形式及び明瞭な状態で出力されたものに限る。)の提示又は提出の求めに応じることができるようにしている場合には、その保存要件にかかわらず、その電磁的記録の保存をすることができることとする。

この宥恕規定の適用を受けるにあたっては、事前の申請は不要で、税務調査時に宥恕を申し出るという運用になるようです。

電子取引のデータ保存については、やはり検索要件を満たす形でデータを保存するというハードルが結構高く、対応する為のシステムを導入しようと検討してみらた非常に高価であったり、事務処理負担が馬鹿にならないというケースも多々あるのではないかと推測されます。

経過措置はあくまで経過措置ですので、この期間内に対応をブラッシュアップしていくという対応が現実的だと考えられますが、それにしても、メールの保存(検索要件)は厳密に満たさなければならないのかなど、個々の対象を検討してくと悩ましい点は多々あると思います。

今後の、実務の状況を注意深く見守って対応していきたいと思います。

関連記事

  1. 調査通知以後の修正申告に加算税が賦課される改正が適用開始-平成2…

  2. 連結納税(その7)-税額計算の全体像

  3. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

  4. ホームページの制作費は資産計上必要か?

  5. 「課税売上にのみ要するもの」とは具体的にどんなもの?

  6. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,480 アクセス
ページ上部へ戻る