閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…

正式な請求書を送付する前に、取引先にドラフトとして金額や内容について確認を求めるような場合に、こうした請求書ドラフトを添付して送信したメールが電子取引として電帳法上保存が必要かという点について、T&A master No.922に”メール送信するドラフトは電帳法対象外”という記事が掲載されていました。

”ドラフトとはいえ、取引先との間で請求書に関連する文書メールでやり取りすることが「電子取引」に該当することには疑念の余地はない”としたうえで、”メール送信しあ請求書のドラフトに係る情報が「電子取引の取引情報」に該当するかどうかだが、電帳法2条1項5号のカッコ書きでは「取引情報」を「取引に関して受領し、又は交付する注文書、契約書、送り状、領収書、見積書その他これら準ずる書類に通常記載される事項」と定義している。「その他これらに準ずる書類」まで含めると、請求書のドラフトに係る情報も「取引情報」に該当するように見えなくもない”とされています。

しかしながら、”国税庁は「電子帳簿保存法取扱通達解説(趣旨説明)」の中で、EDI取引(電子データ交換)について、訂正又は加除のデータの保存は不要であり、「確定データ」のみを保存すれば足りるとしている。”としている解説を踏まえると、”取引先との間で確定版として取り扱われる請求書について保存義務を履行していれば、その性格上、訂正や加除があり得ることを前提としている請求書のドラフトについては保存義務はないと言えよう“とのことです。

上記の記事では請求書のドラフトが取り上げられており、ドラフト=訂正・加除の可能性があるというのはそのとおりなですが、実際はそこで訂正・加除が行われる事はそれほど多くないと思われます。むしろ、見積書のほうが価格交渉により複数回発行されるということが多いと考えられます。

メールに添付(あるいは記載)して複数回見積書が送付された場合には、電帳法上は、すべて電子取引として保存しなければならないと説明されていることが一般的だと考えられますが、上記の理屈でいえば、条件が確定したら正式な見積書をを送付するという建付けにしておき、当初は見積書のドラフトとすれば最終の見積書のみ保存しておけばよいというような考え方もできるかもしれません。

関連記事

  1. 100%子会社株式の評価損に対する税効果(グループ法人税)

  2. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令

  3. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める

  4. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

  5. スマホやデジカメ等で撮影した領収書等を電子保存するための要件を定…

  6. 交際費と会議費の区分




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,126 アクセス
ページ上部へ戻る