閉じる
閉じる
閉じる
  1. 当計上前に偶発債務注記を行っている事例は少数
  2. 書類送付を頼まれて書類を送付したら、顧客を奪うのに協力したと訴えられた…
  3. 株式会社MTGが四半期報告書の提出期限を再延長って何が?
  4. 「みなし大企業」の範囲を確認
  5. 業務手当の割増賃金該当性(固定残業代)が争われた事案
  6. 市場区分見直しに向けた第2回会合が開催
  7. ハイブリッド型バーチャル株主総会って何
  8. 雇用者給与等支給増加額を事後的に増額する更生請求は認められない
  9. 償却資産の申告制度見直しの動向
  10. 「株式の保有状況」の改正を再確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:消費税

税務通信3557号の税務の動向に「キャッシュレス決済 決済手数料等の消費税処理に注意」という記事が掲載されていました。クレジットカードの手数料については、非課税扱いになります。これは、”店舗が商品を販売した消費者に対して持つ債権をカ…

税務通信3554号の展望に「軽減税率対応のPOSレジでも自社ポイントで誤った処理の可能性」という記事が掲載されていました。ポイントを使用した場合の消費税の取扱いについては、国税庁が平成30年5月に公表した「収益認識基準による場合の取…

マンション販売事業者等が取得した居住用建物に係る消費税仕入税額控除の取扱いを巡っては、ムゲンエステートとエーディーワークスが現在東京地裁で係争中となっていますが、T&A master No.785号に、東証ジャスダックに上場しているアズ企画…

T&A master No.779に「仕入先が価格増拒否でも”買い叩き”か」という記事が掲載されていました。2019年2月にはイトーヨーカ堂、3月にはジャパンビバレッジホールディングスに買い叩きの規定に違反する行為を行ったとして公正…

税務通信3548号の税務の動向に「消費税引上げの経過措置 3月までの契約で税理士報酬も対象」という記事が掲載されていました。この記事では、税理士が顧客から受け取る申告書作成報酬の性質は、”一般的には、「委任その他の請負に類する契」で…

気づけば着々と消費税増税が近づいてきましたが、新たに導入される軽減税率については、様々なケースでどのように取り扱われるのかが話題となっています。税務通信3544号の税務の動向には「一部を店内飲食・持ち帰りの場合の適用税率は?」という…

平成30年11月に国税庁から「平成31年(2019年)10月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される消費税率等に関する経過措置の取扱いQ&A」が公表されています。前回増税時に公表された「平成 26 年4月1日以後に行われる資産の譲渡等に適…

国税庁より、「平成31年(2019年)10月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される消費税率等に関する経過措置の取扱いQ&A」が公表されました。【基本的な考え方編】と【具体的事例編】の二つで構成されており、【基本的な考え方編】が4…

平成28年度税制改正によって、日本法人の海外支店又は外国法人の日本支店が関係する場合の電気通信利用役務の提供について改正が行われ、平成29年1月1日から適用されています。これにより、取扱いがわかりやすくなったと思っていたのですが、必…

税務通信3537号の税務の動向に「消費税率引き上げ 施行日を跨ぐ役務提供の前受金等に係る適用税率の判定」という記事が掲載されていました。”「施行日を含む1年間の役務提供(短期前払費用を含む)」への対応については、前回、多くの疑義・混…

さらに記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

  1. 2019年5月27日に日本公認会計士協会は、「偶発事業の会計処理及び開示に関する研究報告」(会計制度…
  2. T&A master No.790に「税理士業務をめぐる最近の訴訟トラブル(2)」が掲載されていまし…
  3. 本日(2019年6月14日)のYahoo!ファイナンスの値下がり率ランキングトップに㈱MTGが△10…
ページ上部へ戻る