閉じる
閉じる
閉じる
  1. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  2. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  3. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  4. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  5. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  6. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  7. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
  8. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?
  9. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続会)
  10. 賃金等請求権の消滅時効(労働基準法の改正)を確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

大卒内定率、最低の68%

日経新聞のWeb版を見ていたら、以下の記事が目に留まりました。

「今年春に卒業予定の大学生の昨年12月1日時点の就職内定率が68.8%で、前年同期を4.3ポイント下回ったことが文部科学省と厚生労働省の調査で18日分かった。現在の方法で統計を取り始めた1996年度以降、初めて7割台を割り込み、最悪の水準になった。2000年代前半の就職氷河期を上回る厳しさで、ほぼ3人に1人の学生が内定を得られていない。」

この間も書きましたが、大学生が増加している状況において内定率が下がるのは当然といえば当然といえます。

一方で、中小企業は採用意欲が高いと言われています。中小企業であっても、グローバルに活躍している会社は多く存在します。そうした会社を積極的に探して、会社を成長させるというような学生が増えると日本も活性化するかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY…

  2. 海外で安くiPhoneを使うには・・・

  3. 中国経済の打ち出の小槌

  4. 23区格差ー池田利通著

  5. 「通貨」はこれからどうなるのか(浜矩子 著)-それは知りたいとこ…

  6. 大学生数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,751,636 アクセス
ページ上部へ戻る